1. TOP
  2. 必見!WiMAXがエリア外で使えない方におすすめなポケットWifiとは?

必見!WiMAXがエリア外で使えない方におすすめなポケットWifiとは?

mojimaru1473053243

「人気のWiMAXを購入するぞ!」と決めたのに、いざWiMAX2+のサービスエリア判定をしてみると「△」の微妙な判定や、「×」の通信エリア外の結果が出てしまい「これじゃ、WiMAXは使えないの?どうなるの?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

実は、そんな方たちでもWiMAXを使う方法があるにはあります。人口カバー率99%の「au 4G LTE回線」や、旧来から提供されている「WiMAX回線」を利用してWiMAXを使う方法です。

しかし、au4GLTE回線を使えば基本料金以外にオプション料金がかかりますし、WiMAX回線は今後縮小もしくは廃止が予定されているので正直いっておすすめではありません。

 

【追記】
WiMAX2+電波がエリア外の方でも、WiMAXが使える新しいプランが登場しました。果たして新プランはWiMAX2+エリア外の方にお得なプランなのでしょうか?詳しくは最後に紹介いたします。

WiMAX2+がエリア外の方におすすめなモバイルWifi

これから紹介するポケットWifiは、通信エリア外でWiMAXが使えない方には本当におすすめなモバイルWifiです。安心のキャリア回線を利用して国内の広い範囲で使えますし、通信速度もWiMAXに負けないスピードが確保されています。ぜひ参考にしていただき快適なネットライフを手に入れてください!!

独自回線を使ったワイモバイルポケットWifi

Y!mobile

桐谷美玲さんとふてニャンのテレビCMでスマホが話題のワイモバイルですが、実はポケットWifiも充実したサービスが用意されています。選べる端末(ルーター)もWiMAXに比べると非常に多く、料金プランも5種類もありユーザーの使い方によって最適なプランが選べるようになっています。

ワイモバイルの通信エリア

ワイモバイルの通信エリアが広いのには理由があります。皆さんもご存知の通り、ワイモバイルは「旧イーモバイル」と「旧ウィルコム」が合併され、ソフトバンクの出資を受けて出来た会社です。

ですから、一般的な大手キャリアの回線を借りているMVNOとは違い、ワイモバイル独自の回線(イーモバイル回線+ウィルコム回線)を保有していることに加えて、出資先であるソフトバンク回線も使える強みがあるからです。

ワイモバイルのポケットWifiは、上記の回線を上手く活用することで全国の広い範囲で利用することが出来るようになっているのですが、使用する回線(電波)の繋がる順は「①都市部の通信品質に定評があるソフトバンク回線」で、もし接続が不能な場合に「②山間部や地方に強い旧イーモバイル回線」に接続する仕組みが取られていますので、他社にはない強力な通信網を構築しているのです。

また、ワイモバイルの通信エリアに好評な理由がもう一つあります。それは、ソフトバンクのプラチナバンドを利用できることです。プラチナバンドとは、900MHz帯の電波のことでWiMAXとは全く異なる特徴を持った電波です。

その特徴は、WiMAXに使用される電波が非常に直進性の強いものに対して、プラチナバンドは障害物を避けて進む特性があります!つまり、ビルが立ち並ぶ都市部などでも建物の間をすり抜けて進み電波が確実にスマホやルーターなどの端末に届くということです!

 

プラチナバンド

さらに、ワイモバイルの通信エリアで見逃してはいけないお得なサービスがあります。このサービスはエリアが広くなるというものではなく、データ通信容量の節約ができるというサービスになります。

☑ソフトバンクWifiスポットが無料で使える!

ソフトバンクWifiスポット

全国のカフェやファーストフード店、主要駅や空港など多くの場所で提供されているソフトバンクWifiスポットが、ワイモバイルに申込むと自動的に無料で使えるようになります。通信エリアの広さとは関係がありませんが、知っておいて損のない情報です。

まずはワイモバイルのワイド通信エリアを確認してみましょう! ⇒ 確認はコチラ

ワイモバイルポケットWifiの通信速度

ワイモバイル公式サイトに公表されている通信速度を見てみますと、端末(ルーター)によって違いはありますが、最速ルーター504HWで下り最大261Mbpと発表されています。しかし、この数値は最高速度を調べるために整った環境で測定された理論値なので、実際に使う環境ではそんな速度は出ないことを理解しておきましょう。

そこで、気になるワイモバイルの通信速度ですが、実際にワイモバイルのポケットWifiを使用しているユーザーの口コミや評判を見てみると「10~15Mbps」が一番多くなっています。

実際、私の次男がワイモバイルのポケットWifiを使っているので確認をしてみると、一戸建て二階の部屋で使う場合の平均速度は「9.5Mbps」、外出先では平均「13Mbps」でした。

この平均速度ですが、YouTubeの高画質動画を鑑賞する際に必要とされる通信速度「3.5~4Mbps」を大きく上回っていますので、実際に動画を観たりネット検索をするのに十分な速度が確保されています。

ワイモバイルポケットWifiの通信制限

ワイモバイルのポケットWifiを契約する際に注意する点が一つあります。

制限後の通信速度が超低速128Mbpsになってしまうことです。

 

通信制限とは、決められた期間に決められたデータ通信容量を超えて使ってしまった場合に受ける制限のことで、制限を受けると通信速度が極端に遅くなってしまいます。(この制限はワイモバイルに限らずWiMAXでもあります)

この制限後の通信速度は、ワイモバイルの数少ない弱点(デメリット)の一つです。しかし、自宅や外出先がWiMAX2+のサービスエリア外でWiMAXが使えない方にとっては、この弱点(デメリット)を重要視するより、逆に上手く付き合うことで解決できる範囲のものだと捉えてみてはいかがでしょうか。

後ほど紹介しますがワイモバイルには選べるプランが4つあり「月間で5GBもしくは7GB」のデータ通信容量が使えるようになっています。要するに上手く付き合うということは、この「5GB・7GB」以内で収まるような使い方をすれば良いのです。

月に5GBや7GBと聞くと、少ないと感じるかも知れませんが、みなさんは実際にひと月にどれくらいのデータ容量を使われますか?

参考に「1GBのデータ容量で出来ること」を紹介しますので、照らし合わせて一体自分がひと月に使うであろうデータ容量をザックリでも計算してみてください。

【1GBでできること】

☑Webページ閲覧(Yahoo!トップページなど)・・約4000ページ

☑動画(通常画質)・・約4時間

☑動画(HD高画質)・・約10分

☑LINEなどの音声通話・・約5時間

☑LINEなどのビデオ通話・・約30分

単純に言うと、5GBプランなら上記の”できること”が5倍、7GBプランなら7倍もできる計算になります。いかがですか?ご自分のひと月に使うであろうデータ容量は分かりましたか。

計算して5GBもしくは7GBで収まるなら迷わずワイモバイルのポケットWifを選びましょう!理由は簡単!「通信エリアが広い!高速通信も出来る!選べる料金プランも豊富!」だからです!

ちなみに、ワイモバイルの通信制限は設定が下記のように決められていますので、通信制限に引っかからないように注意しておきましょう!

 

【Wifiプラン2、Wifiプラン2ライト、WifiプランSS、WifiプランL】

☑月間データ通信容量を超えると・・・超えた翌日から月末まで制限

☑直近3日間の通信量が3GBを超えると・・・3日間で3GBを下回った翌日午前0時まで制限

ワイモバイルポケットWifiの料金プラン

ワイモバイルポケットWifiプラン4種類を紹介します。先程も書きましたが、ご自分が月に使うデータ通信容量と、使いたい端末(ルーター)によって決めると良いと思います。

☑Wifiプラン2

月額料金・・・3,696円/月

月間データ通信容量・・・7GB

対応端末(ルーター)・・・504HW、502HW

基本契約期間・・・3年(自動更新)

☆お得な特典あり!(下記参照)

☑Wifiプラン2 ライト

月額料金・・・2,480円/月

月間データ通信容量・・・5GB

対応端末(ルーター)・・・506HW

基本契約期間・・・3年(自動更新)

☑WifiプランL

月額料金・・・4,380円/月

月間データ通信容量・・・5GB

対応端末(ルーター)・・・506HW

基本契約期間・・・3年(自動更新)

☑WifiプランSS

月額料金・・・2,480円/月

月間データ通信容量・・・5GB

対応端末(ルーター)・・・401HW

基本契約期間・・・3年(自動更新)

☆お得な特典あり(下記参照)

 

<お得なキャンペーン>

アドバンスオプション6ヶ月無料!

ワイモバイル アドバンス無料

Wifiプラン2に適用される特典!通常月額1,684円のアドバンスオプションが6か月間無料!

また、7か月目以降も割引が適用されて月額684円に!!

※アドバンスオプションとは?

アドバンスオプションとは、「アドバンスモード」に設定することで7GBを超えても高速データ通信が楽しめるようになるサービスです。通常モードで7GBを超えた場合、モードにかかわらず低速化されます。

ワイモバイル公式サイトより

 

アドバンスモード

メガ得2キャンペーン

メガ得2キャンペーン

WifiプランSSに適用される特典!3年間ずっとデータ容量が2GB増量!

つまり、通常5GBのところ7GBが使える!しかも料金そのまま!!

 

以上が、WiMAXエリア外の方におすすめしたいワイモバイルポケットWifiの紹介になります。もともと通信エリアの広さには定評があるワイモバイルですし、月額2,480円から使えるプランもあるなどコスパは非常に良いです!

また、お得なキャンペーンを活用すれば、さらにお得感が増しますので「データ通信容量は5GB・7GBで十分!」という方には本当におすすめなモバイルWifiです!

 

ソフトバンク回線を利用したGlobalMobileのレンタルWifi

レンタルWifiと言えば、海外からの旅行客や、短期間だけWifiを使いたい方、企業がWifi環境の無い場所での研修会やセミナー時に使うイメージでしたが、最近では個人の方が上手に利用しているケースが増加しています。

理由は、WiMAXやポケットWifiのような契約期間2年間や3年間という縛りがないことに加えて、高額な解約違約金(利用3日前のキャンセルはキャンセル料が発生します)がないことが人気の理由です。

気になる料金は、1日当たりで計算されるため(レンタル日数×金額)、若干WiMAXやポケットWifiより高めになりますが、自分に合った使い方が出来るので便利なモバイルWifiと言えるでしょう。

GlobalMobileレンタルWifiの通信エリア

グローバルモバイルのレンタルWifiは、ソフトバンク回線とワイモバイル回線を利用していますので日本全国の広い範囲でインターネットを楽しむことができます。つまり、先に紹介したワイモバイルのポケットWifiと同じ通信エリアを使うことが出来ます。

GlobalMobileレンタルWifiの通信速度

GlobalMobileの公式サイトで発表されている通信速度は、端末により違いますが「下り最大350Mbpsもしくは187.5Mbps」となっています。

下り最大350Mbpsを計測している端末は「Pocketwifi 601HW」で、最大187.5Mbpsのほうは「Pocketwifi 501HW」です。どちらも、この数値はあくまでも最高速度を測定するために実施しているテスト数値ですので、実際の利用シーンで出る速度ではありません。

しかし、この端末の速度に関する口コミなどを調べると、日常使いで「おおよそ10Mbps~30Mbps」というものが多いので動画が観れないなどのストレスを感じることはないでしょう。

GlobalMobileレンタルWifiの通信制限

レンタルWifiの特徴の中で特筆すべきは「通信制限」です。

GlobalMobileのレンタルWifiは、WiMAXやポケットWifiのような「3日間10GB制限」もなく、月間300GBまでは通信制限(速度制限)を受けることがありません。

WiMAXも、ギガ放題が月間データ容量が無制限になっていますが「3日間10GB制限」があり、計算すると月に約100GBまでと言うことになりますが、単純に比較しても約3倍ものデータ容量を使えることになります。

毎日、動画やゲームや検索をガンガンするヘビーユーザーには超嬉しい設定になっています。

 

GlobalMobileレンタルWifiの料金

GlobalMobileのレンタルWifiは、その名の通りレンタル品なので料金は月間や年間などの定額制ではありません。基本的に1日いくらの設定になっていますので「借りた日数×金額」が利用料金になります。

☑デイリープラン
1日➤480円(例:4日間レンタルの場合1,920円)

☑マンスリープラン
1ヶ月➤6,000円(1日あたり約200円)

☑3ヶ月プラン
3ヶ月➤16,200円(1か月あたり5,400円)

☑6ヶ月プラン
6ヶ月➤30,600円(1ヶ月あたり5,100円)

GlobalMobileレンタルWifiの料金プランは上記の4つのみ。長く使うのであれば最初に6ヶ月プランを申込んで、少し面倒ですが6ヶ月毎に延長申請をすれば使い続けることができます。

金額面は、WiMAXやポケットWifiに比べると割高になっていますが、契約期間が無いことや、通信制限が緩いことを考えると我慢できる差額ではないかと思います。

GlobalMobileレンタルWifiの注意点

料金が少し高めですが、意外にメリットが多いと分かったGlobalMobileのレンタルWifiですが、申込むにあたりいくつか注意点があるので紹介しておきます。

◆利用料金は一括の先払い
GlobalMobileのレンタルWifiは、料金を利用前に一括で支払わないといけません。例えば、6ヶ月プランの場合だと30,600円を先に支払う必要があります。

◆途中で解約した場合でも料金の返金がない
例えば、6ヶ月プランを申込んだあとに、事情で3か月後に解約しても一括で支払った30,600円からの返金はありません。

◆端末は必ず返却しないといけない
これは当然と言えば当然なのですが、レンタル品なので契約期間が終われば必ず返却をしないといけません。また、返却は利用終了後の翌日消印までとなっており、最初に送られるレターパックで返却することになります。

◆契約期間延長時に連絡が必要
延長をしたい場合は、利用期間が終わる前にネット上(公式サイト)か電話で延長の申し出をしなくてはいけません。

◆支払方法がクレジットカードのみ
事情でクレジットカードが持てない方や、支払にクレジットカードを使いたくない方には向いていません。

 

GlobalMobileのレンタルWifiについて紹介しました。料金が少し割高なのが気になりますが、契約期間に縛りが無いことや、通信制限が緩いことなどを考えると、WiMAXの代用として使えるモバイルWifiじゃないかと考えます。

特に、月間300GBまで使えるデータ容量はヘビーユーザーには最適なサービスではないでしょうか。

ドコモ回線を使ったスマモバのポケットWifi

スマモバ

スマモバのポケットWifiは「月間データ通信容量無制限+通信制限なし」が話題になり、人気急上昇のモバイルWifiです。ワイモバイルのように派手にCMなどはしていないので、ユーザーの認知度は低いかも知れませんが、かなり出来の良い仕上がり感があるサービスです。

【追記】
回線の増強に伴い、スマモバでも「3日間3GB制限」が公式サイトにて正式に明記されました。残念なお知らせですが、実際に使っていて他のWifiに比べゆる~い感じの制限なので、必要以上に心配は無用だと思います。

実際、私もスマモバのポケットWifi愛用者で仕事やプライベートで大いに活用させてもらってます。これから通信エリアなどの紹介をしますが、詳しくは私が実際にスマモバのポケットWifiを使って感じた印象や使い心地などを紹介しているレビュー記事をご覧ください!!

スマモバを実際に使ったレビュー記事はコチラをクリック↓↓

スマモバ新端末の詳細を知りたい方はコチラをクリック↓↓

スマモバの通信エリア

スマモバの通信エリアはとにかくワイドです!

私は仕事で地方都市や離島に出張に行くことが多いのですが、スマモバのポケットWifiを使い始めてから「つながらない」という事は一度も経験したことがありません!!

「超つながる」答えは簡単!
スマモバは人口カバー率100%のドコモ回線を使っているからです!!

 

何といっても、国内No1の通信会社が提供している、国内No1の通信エリアをそのまま利用するのですから当然と言えば当然なのですが、現在のところ確実にWiMAXより広い範囲で繋がるのは間違いありません!

スマモバポケットWifiの通信速度

スマモバポケットWifiの公表されている通信速度は下り最大150Mbpsです。WiMAXの220Mbpsに比べると数値的には劣りますが、これらの数値は最大数値を出すために整った環境で行ったテスト結果の数値ですから、あまり重要視する数値ではありません。

それよりも、Wifiを実際に使う際の本当の通信速度の方が重要になってきます。

そこで、スマモバはどうかと言うとレビュー記事にも書いていますが「WiMAXと比べても、ほとんど遜色のない通信速度が出てる」が結論となります。ネット上の口コミや評判の中には、ロクに動画も観れないなどが見受けられますが、私は実際に利用していてそのようなことは殆どありませんでした。

場所や時間にもよりますが、何度か計測をした結果私の場合だと「下り平均8Mbpsをキープ」していますので、特にストレスなく使えているのが現状です。ただ、一つ言えるのはWiMAXや他のモバイルWifiと同じように回線が混雑する時間帯(昼12時~1時・午後10時~0時)は、スムーズにネットに繋がらないケースがあるのでお伝えしておきます。

スマモバポケットWifiの通信制限

スマモバの最大のセールスポイントは通信制限が無いことです。「月間データ通信容量無制限の使い放題、3日間制限もなし」はWiMAXやワイモバイルのポケットWifiには無いサービスです。

ここで、みなさんは疑問に思うはずです「本当に無制限で使えるの?」という事です。

こちらも、私が実際にスマモバのポケットWifiを使ってみて感じた印象になるのですがお伝えしておきます。実は私も、購入する際に本当に無制限なんてあり得るのと思っていた一人でしたので、端末が届いた次の日にテストをしてみました。

朝から、動画を流しっぱなしにして放置・・・するとWiMAXなら通信制限がかかる3GBを超えても動画はスムーズ・・・ひょっとして本当に無制限・・・ところが4GBを超えたあたりから急に動画がカクッ・・・(苦笑)

そして次の休日に二度目のテスト。同じように動画を流しっぱなしにして放置・・・不思議なことに二度目のテストは4GBを超えても動画はスムーズ・・・おっ!今度こそ本当に無制限ゾーンへ突入・・・と思ったら5.5GBを超えたあたりでやはりカクッ・・・。

結論から言いますと「スマモバには通信制限があります・・・」です。

【追記】※正式に「3日間3GB制限」が発表されました。

 

ガッカリですか?でも、考えてみてください!

WiMAXやワイモバイルのポケットWifiは「3日間で3GB」以上のデータ通信容量を使うと通信制限(帯域制限)がかかってしまうのです。単純に計算すると「1日1GB」です。

要するに、実際にはスマモバは通信制限があるけども、現実的にポケットWifiを使う時間や頻度を考えると「通信制限が無い状態に限りなく近い!」という表現が一番合っているように思います。

スマモバポケットWifiの料金プラン

最後にスマモバポケットWifiの料金プランを紹介しておきます。ポケットWifiのプランはシンプルで1つだけ。あれこれ迷う必要がありません(笑)

☑月額基本料金(24回)・・・3,480円/月

☑端末割賦代金(36回)・・・1,500円/月

☑端末同時割引(36回)・・・ー1,000円/月

合計・・・3,980円

月額3,980円で、完全無制限のサービスを受けることが出来ます!WiMAXのギガ放題と比べても同等レベルの金額に収まっています。通信エリアや使えるデータ通信容量の事を考えると非常にコスパは優れたサービスだと言えるでしょう。

WiMAX2+エリア外でもWiMAXが使える新プランとは

先ほど、WiMAX2+がエリア外の方には「au4G LTE回線」が使えると書きましたが、使った月に別料金が発生すると書きました。しかし、そのオプション料金が無料になる新プランが登場したので詳細を書いておきます。

【UQ WiMAX新プラン】

ツープラスギガ放題3年プラン
月額料金 1ヶ月~3ヶ月目:3,696円/月
4ヶ月~36か月目:4,380円/月
契約期間 3年間
月間データ容量 無制限
au4G LTEオプション 無料
通信制限

・3日間10GBまで
・LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」7GBまで

注意事項 ハイスピードプラスエリアモードで通信制限を受けると、WiMAX2+モードも制限を受ける

 

ツープラス3年プラン
月額料金 3,696円/月
契約期間 3年間
月間データ容量 7GB
au4G LTEオプション 無料
通信制限 ・3日間10GBまで
・月間7GBまで
・LTE通信「ハイスピードプラスエリアモード」7GBまで
注意事項 ハイスピードプラスエリアモードで通信制限を受けると、WiMAX2+モードも制限を受ける

以上が、au4G LTE回線が無料で使えるWiMAXの新プランになります。これまでのプランとの違いは契約期間が1年延長されている点です。

確かにWiMAX2+回線がエリア外の方でも人口カバー率99%以上のauLTE回線を使ってWiMAXが利用できるメリットはあるのですが、以下のようなデメリットもあるので、契約には慎重でなければいけないと思います。

「新プランのメリット」
☑LTEオプションが無料
☑通信モードを上手に切り替えれば常に高速通信が可能
☑ハイスピードプラスエリアモードなら建物内や地下でもWiMAXが使える

「新プランのデメリット」
☑契約年数が1年間伸びている
☑ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)は月間7GBまでしか使えない
☑ハイスピードプラスエリアモードで通信制限を受けるとWiMAX2+の方も速度制限を受ける
☑選べる端末がau4GLTE対応の「W04」のみ(2017年7月現在)

 

以上が、新プランのメリット・デメリットになりますが、よく読んでみるとWiMAX2+回線がエリア外の方にとって、どれほどメリットがあるのかという点が気になります。

上に挙げたメリットは、日ごろはエリア内でWiMAXを使っている方が、出張や旅行などでエリア外に行った時に無料でLTE回線が使えることが一番大きなメリットになるはずです。

ですから、そもそもWiMAX2+回線のエリア外の方にとってはWiMAXの端末を持ってるけど、利用する回線はauのLTE回線で、しかも月に7GBまでしか使えないとなればメリットどころかデメリットになり兼ねないのです。

つまり、新プランは常にWiMAX2+のエリア外にお住いの方には適していない内容であると言うことです。

まとめ

今回は、人気のWiMAXを使いたいのに、WiMAX唯一の弱点「通信エリア」の問題でWiMAXが使えない方に、その他のおすすめポケットWifiを紹介しました。

ワイモバイルのポケットWifiも、GlobalMobileのレンタルWifiも、スマモバのポケットWifiも、WiMAXの通信エリア内での「安定した高速通信」には、やや及ばないですが決して劣るということはなく、逆に”つながるエリアの範囲”はWiMAXを一歩リードしています!

どのモバイルWifiWifiを選ぶかは、みなさんの使い方次第!

通信エリアは、どちらもワイドで優劣つけがたいですから、選ぶ基準は「月に使うデータ通信容量」だけ!

通信エリア外でWiMAXは使えない事は残念ですが、確実につながるポケットWifiで快適なネットライフを手に入れましょう!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

モバイルインフォメーション

この人が書いた記事

  • mineoのソフトバンクプラン開始!「333円キャンペーン」ってお得なの?

  • ワイモバイルの新スマホプラン!お値段そのままギガ増量はお得なの?

  • ドコモからワイモバイルに乗り換えがお得な6つのポイントとは?

  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは料金改定してお得になったのか?

関連記事

  • 実感!ワイモバイルのポケットwifiを使って分かったメリット・デメリット

  • 学生必見!アルバイト代で払える業界最安値のWifiとは?

  • 比較で分かる!ワイモバイルとUQモバイルの格安スマホどっちがお得?

  • 通話重視の方は注目!格安スマホ2社の完全かけ放題比較!

  • ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え!知らないと損をするデメリットとは?

  • モバイルwifiを利用して9年目!快適に使ってます!