1. TOP
  2. WiMAX
  3. 民泊Wifi「famifi」申込方法全解説!個人利用もOK・デビットカード契約も可能!

民泊Wifi「famifi」申込方法全解説!個人利用もOK・デビットカード契約も可能!

 2017/05/26 WiMAX 民泊Wifi
この記事は約 14 分で読めます。 2,974 Views

WiMAXやポケットWifiの契約にはクレジットカードが必須になっているプロバイダがほとんどですが、遂に確実にデビットカードで申込めるWifiサービスを発見!

 

株式会社ファミリアリンクが提供する民泊Wifi「famifi」

 

あまり聞きなれない会社名ですし、サービス内容も分からなかったのですが、デビットカードが使えるとのことでしたので実際に申込んで試してみました。

 

「本当にデビットカードが使用できるのか」「通信速度や通信エリアはどうなっているのか」など、申し込みから実際に使ってみた感想、メリットやデメリットを調べてみましたので、事情でクレジットカードが持てない方や、契約にクレジットカードを使いたくない方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

民泊Wifiってなに?ファミリアリンクってどんな会社?

「民泊」とは、観光客などに個人宅やマンションの空き部屋を利用して宿泊をさせるサービスですが、最近テレビでも頻繁に取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。

 

「民泊Wifi」とは、その名前の通り民泊施設を利用するお客さんに快適なネット環境を提供するために、貸し出されるモバイルWifiのことを民泊Wifiと言いますが、特に海外からの外国人観光客には評判が良く、民泊施設を選ぶ際の大きなポイントになっているそうです。

 

そして、宿泊客に評判の良い「民泊Wifi」を提供している会社が「株式会社ファミリアリンク」ですが、あまり聞きなれない会社なので契約するにしても不安があると思いますので調べてみました。

 

株式会社ファミリアリンクとは、国内の民泊運営代行シェアNo.1の他、民泊マッチングサイト「airbnb」をはじめ、インターネット旅行代理店OTAなど、計12サイトを運営する会社で、民泊運営代行サービスの中で誕生したのが民泊Wifi「famifi」です。

 

サービスの主なターゲットは当然ながら民泊施設だったのですが、対象が広がり個人でもレンタル契約が出来るようになりました。

 

個人契約はできるの?デビットカードOKは本当?

先程も書きましたが、民泊Wifi「famifi」は法人でも個人でも契約することが可能です。ただし、通常のプロバイダのような買取り契約とは違い、レンタルでの契約になるのが特徴です。

 

また、支払いについてはクレジットカード支払いに限られており、口座振替での申し込みは出来ません。しかし、記事タイトルで書いたようにデビットカードが使えるのが大きなメリットになります。実際に私がデビットカードで契約をしました!

 

法人・個人を問わず、誰でも申込みが可能

支払いはクレジットカードのみですが、デビットカードが使用できる

 

※デビットカードを使う際の注意点

◆「マスターカード・VISA・JCB」のデビットカードがOK

◆銀行独自発行のデビットカードはダメ

◆デビットカード会社の規約に利用不可が記載されている場合もダメ

 

ちなみに、私は「楽天VISAデビットカード」を使用しました。

 

端末はどうなってるの?保証は?

提供されている端末は、私が申込んだ時点で「WiMAX WX03」と「ソフトバンク 501HW」の2機種が用意されていました。

 

しかし、基本的にユーザーが端末を指定する事が出来ないので、申し込み時点の在庫状況によって端末が決まることになります。私の場合は「ソフトバンクの501HW」の在庫が無く、必然的に「WiMAX WX03」が送られてきました。

 

これも民泊Wifiの特徴と言えるのですが、端末を選べないのはデメリットに挙げられると感じました。

 

ただ、端末の保証については意外に手厚いオプションサービスが付いています。

 

まず、故障の場合は契約期間中なら無制限で修理をしてくれ、代替品を無料交換してくれます。また、月額500円が必要になりますが「安心保証オプション」があり、万が一の紛失や破損などの場合でも無料で端末を交換してくれるオプションサービスがあります。

 

「安心保障」には、いくつかの注意点(※下記参照)もありますが、端末を交換してくれるので万が一の場合に遭遇しても安心して使えるのは大きなメリットになるはずです。

 

民泊Wifi「famifi」は端末が選べないのがデメリット

☑故障の時は無料で代替品と交換

安心保障で万が一の破損・紛失も端末を交換してくれる

レンタル契約なので端末代は無料

 

※「安心保障」の注意点

◆契約時に加入が必須。2ヶ月目以降の解約OK。ただし、再加入は無理。

◆安心保障の代替えは3ヶ月に1回まで。2回目以降は有料

◆SIMカードの再発行が必要な破損などの場合は4,000円(税抜)が必要

◆盗難・紛失の場合、警察署に届け出をして公的な証明書をもらう必要がある

 

民泊Wifiの通信制限や速度はどうなってるの?

民泊Wifi「famifi」の公式サイトを見ると「月間通信制限なし・完全無制限」という文言が記載されているように、ひと月に使えるデータ容量に制限はありません。

 

しかし、下記のように一定のルールは決められているようで使い方によっては通信制限を受ける可能性があるようです。

 

 

したがって、私が使っているWX03の場合だと、UQWiMAXと同じく「3日間10GB制限」が設けられているということになるようです(カスタマーサービスで確認)。

 

つまり、月間のデータ使用量は無制限なのですが、通信制限についてはUQWiMAXとソフトバンクのルールに準じているということになります。

 

通信速度については、後ほど紹介しますがWiMAX特有の高速通信を体験できていますので全く問題ないと思います。

 

民泊Wifiの契約期間と解約金ってどうなってるの?

民泊Wifi「famifi」は、そもそもレンタル契約になるので、一般的なWiMAXプロバイダとの契約のように契約期間という概念がありません。

 

通常のWiMAXプロバイダ=2年契約の縛り有り

民泊Wifi「famifi」=契約期間の縛り無し

 

つまり、民泊Wifiは申込んだ時点からレンタル契約が始まり、ユーザーの都合でいつレンタルをストップしてもOKと言うことになります。これは、民泊Wifiの大きなメリットになります。

 

気になる「解約金」についてですが、こちらも契約がレンタルなので「解約違約金」という概念ではなくレンタル契約の「解約手数料」という形で支払いが発生します。

 

さらに、通常のプロバイダとの大きな違いに解約時に支払う金額があります。通常のWiMAXプロバイダだと2万円前後の違約金が必要になりますが、民泊Wifi「famifi」の場合ですと解約手数料が5,000円だけで済みます。

 

民泊Wifi「famifi」は解約手数料が5,000円で済む

 

※解約時の端末返却等の注意点!

民泊Wifiの解除手数料が5,000円で済むのは分かりましたが、解約時に注意しなくてはいけない点が1つあります。

 

レンタルを解除する場合は、解除の連絡をすれば簡単に行うことができますが、レンタルしていた端末(ルーター)を返却しなくていけません。

 

その時に、端末だけを返せば良いと思ってはいけません!契約時に手元に届いた梱包箱など全てを返さないとダメなのです!

 

梱包箱・同梱されていた全ての書類やケース類、当然ですが端末やケーブルなど、全てです。これは、私が契約時にカスタマーセンターで確認したので間違いありません。もし、一つでも欠ければ何かしらのペナルティーを受けることになるので要注意です!

 

到着したケースなど、しっかり保管しておきましょうね(笑)

 

民泊Wifi「famifi」の気になる利用料金?

次に気になる利用料金について紹介します。現在、私が民泊Wifi以外でWiMAXを利用しているプロバイダはBIGLOBEとSo-netの2社です。(仕事の関係上、プロバイダ数社を利用)

 

と言うことで、民泊Wifi「famifi」を含めた3社の比較表がコレ。

  民泊Wifi「famifi」 So-net WiMAX BIGLOBE WiMAX
1ヶ月目~
2ヶ月目
2,480円/月 1,480円/月 3,695円/月
3ヶ月目~
24ヶ月目
3,980円/月 3,480円/月 4,380円/月
安心保障 500円/月
キャッシュバック 20,000円
2年間総支払額 104,520円
※比較のため2年間で計算
79,520円 83,750円
備考

契約期間の縛りなし

解約手数料5,000円

デビットカードOK

3社中の最安値

・契約期間2年間

違約金14,000円~19,000円

口座振替契約可能

・キャッシュバック

違約金14,000円~19,000円

金額だけを単純に比較すると、民泊Wifi「famifi」が一番高くなりますが、前述通り契約期間に縛りがないので、気に入らなければ何時でも解約することが出来ます。

 

また、famifiには端末の故障や破損、紛失などの万が一の際でも安心して使えるようオプションサービスに加入しているので差額が大きく感じますが、もしBIGLOBEやSo-netで同様のオプションに入れば同程度の金額が必要になります。

 

さらに、契約期間中の解約時に支払う金額に大きな開きがあるので、トータルで考えると一般のWiMAXプロバイダと民泊Wifi「famifi」の差はそれほど感じないと思います。

 

民泊Wifiのメリット・デメリット

ここまで、民泊Wifi「famifi」についてさまざまな視点で調べたことを解説してきましたが、ここでは分かりやすくメリットとデメリットをまとめておきます。

 

民泊Wifi「famifi」のメリット

☑デビットカードで支払いがOK

☑契約期間に縛りが無い

☑解約時の支払金額が安い

☑レンタル契約なので端末代が無料

☑キャンペーンで最初の2ヶ月間は2,480円で使える

☑月間のデータ通信量無制限

☑契約期間中の故障は無制限無料で交換

☑最大10台まで契約可能

 

民泊Wifi「famifi」のデメリット

☑端末が選べない(端末が届くまで何が来るのか分からない)

☑回線を選べない

☑知名度が低い・・・

 

メリット・デメリットを挙げてみましたが、上記のようにメリットの方が断然多いことになります。ただ、デメリットにあるように「端末を選べない」ということは「回線を選べない」ので、Wifiを使う場所がエリア内でなければタダの飾り物になってしまいます。

 

これは非常に大きな不安材料になるので電話で問い合わせをしてみました。

 

結果、端末が選べないのは変わらないのですが、万が一届いた端末で繋がらない場合は、その時点で違う回線端末の在庫があれば交換に応じてくれるようです。ただし、在庫が無い場合についてはクーリングオフを申し出れば無料で解約ができるとのことでした。

 

ですので、民泊Wifi「famifi」を使う場合の自己防衛策としては、最初に提供されている端末と回線の確認をして、エリア判定をしておくことが大切になります。

 

私の場合は、WiMAXもソフトバンクも通信エリア内でしたので、どちらの端末が届いても心配はありませんでした。

 

では次に、私が実際に民泊Wifi「famifi」に申込んだ際の手順などを詳しく紹介します。

 

実録!民泊Wifi「famifi」の申込方法を全解説!

民泊Wifi「famifi」の申し込みはネット上から簡単に行うことができます。申し込みにかかる時間は30分もあれば完了します。

 

まず最初に民泊Wifi「famifi」の公式サイトを開けます(下記「公式サイトはコチラ」ボタンをクリックすると別ウィンドウが開きますのでお使いください)

 

 

 

①民泊Wifi「famifi」の公式サイトを開く

公式サイトには、民泊Wifiについての解説がされていますが内容を確認したらサイト内の「お申込みフォームはこちら」をクリックするとサイトの一番下部にある申込みフォームが表示されます。

 

②申込みフォームに必要事項を記入

申し込みフォームでは必須項目を洩れなく記入します。

【項目】

◆「契約の種類」新規契約・追加契約

◆「個人・法人」

◆「氏名」

◆メールアドレス

◆電話番号

◆住所

◆発送先住所選択欄

◆申込み台数

◆安心保障の加入有無・・・※初回契約時は加入が必須

 

以上が記入必須項目になります。上記項目の記入が終われば下記の「利用規約・個人情報の取扱い」についての説明があるので、よく読んで「同意する・承諾する」にチェックを入れます。

そして、全項目の入力が終われば「内容確認画面へ」をクリックします。

 

③申込内容の確認

申し込みの内容を確認して間違いがなければ一番下の「送信する」をクリック

 

④受付完了画面

 

これで最初の申し込みは終了です。次に、登録したメールアドレスに「申込みのお礼メール」「支払い(決済)の情報登録をするURL」が送られてきますので最終的な入力を行います。

 

⑤申込みお礼メール

 

 

⑥クレジット決済のお知らせメール(クレカ情報入力)

 

申込みの翌日には、支払いに関するメールが送られてきました。記載されている【決済用URL】をクリックしてクレジットカード情報を入力します。

 

私のミスで「クレジットカード情報」の入力画面をキャプチャするのを忘れてしまい紹介することが出来ませんが、この時点でデビットカード情報を入力することになります。

 

入力が終わると下記の確認画面に切り替わりますので、内容を確認して最後に「送信する」をクリックすれば申込み作業は終了です。

 

決済完了画面(全て終了!)

 

⑦商品発送メール

 

クレジット決済終了翌日、申込みの翌々日には商品が発送されます。トータルで3日、時間にして30分ほどで全ての手続きが完了したことになります。想像以上の対応の早さに正直言って驚きました(笑)

 

端末到着!届いたのはWiMAX「WX03」

商品発送の翌日(5月3日)に端末が届きました。申込みから4日間で端末が手元に届き、使えるようになりました。

 

ただ、送られてきた箱を開封するまで端末(機種)が分からない状況だったので、若干の不安はありましたが、いざ開封してみるとWiMAX最速ルーター「WX03」だったのでひと安心。

 

実にシンプルな内容でWX03が大事に梱包されていました。あとは初期設定をすればスグにでも使えます。

 

WX03の設定!通信速度テストを実施!

WiMAXの設定は以前にW01でしたことはありましたが、久しぶりの設定だったので少し不安もありましたが、初心者でも分かる「つなぎかたガイド」が同封されているので案外簡単に行うことができました。

WiMAXの初期設定が難しそうで購入するのをためらっているというコメントを時々見ますが、本当に簡単なので心配する必要はないと思います!

最初に、本体に挿入するICカードを準備します。※カードから外す※

そして、本体に挿入する。

ちょっとピンぼけになってしまいましたが、挿入したら内側に倒せば完了。あとは充電をしてネットに繋ぐ設定をすれば利用可能になります。

 

【通信速度テスト】

WX03を主に使うのは大阪堺市にある事務所です。事務所では以前からWiMAXの「W01」を使っており満足のいく通信速度が出ていたのですが念のためにWX03もテストしてみました。

 

テストは2回、回線がそれほど混雑しない午後5時前と、口コミや評判で速度が遅くなると言われている午後7時30分頃に行いました。結果は下記の通りです。

 

◆1回目

 

◆2回目

 

1回目が「下り54.91Mbps/上り3.84Mbps」、2回目が「下り28.91Mbps/上り6.19Mbps」という結果になりました。

 

やはり、回線が混雑する午後7時以降は速度低下が見られますが、これくらいの速度なら高画質の動画も十分に見れるのでWiMAXの高速通信の凄さを改めて実感したという感じです。

 

また、以前から使っている「WX01」よりもディスプレイが大きくなっているので、使い勝手も良くなっているのが分かりました。

 

まとめ

今回は、民泊Wifi「famifi」について紹介をしましたが如何だったでしょうか。

 

まだ知名度も低く、サービスに若干の不安を感じる方もいると思いますが、実際に申込みをして感じたのは「そんなに怖がる必要はない」ということでした。

 

それは、購入前に何度か電話で問い合わせをした時の対応も非常に丁寧で、私が理解できるまで説明などをしてくれましたし、実機が到着して利用してからも何のトラブルも発生していないからです。

 

また、デビットカードが使えるのも、事情でクレジットカードが持てない方や、契約にクレジットカードを使いたくない方には大きなメリットになると思います。

 

さらに、通常のWiMAXプロバイダのように契約期間2年の縛りもないので気軽に利用することもできます。

 

知名度は低いですが意外にメリットの多い民泊Wifi「famifi」だと思います。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 田舎でWiMAXは使えないと思ってる方必見!LTEオプション無料を徹底検証!

  • 5分で分かる!「キャリアアグリゲーション」と「4×4MIMO」の違い!

  • WiMAXを使う前に知っておきたい!解約時期と違約金を払わないで済む方法!

  • 知らないと損をする!WiMAXの初期費用と利用開始月の料金設定?!

  • 要注意!WiMAXの料金滞納で喰らう強制解約の恐怖?!

  • WiMAXの申込みに必要な本人確認書類と書類不要な契約方法!