乗り換え前にチェック!格安スマホは緊急通報が出来ないの?

2015年5月に実施された「SIMロックフリー義務化」で一気に注目を集め、毎月の通信費(スマホ代)が大幅に安くなることや、超格安でiPhoneが使えたり、安いのに最新スマホが手に入ることなどで人気になっているMVNO事業者が提供する格安スマホ・格安SIM。

しかし、その注目度や人気とは裏腹に全体のスマホ人口に占める格安スマホ・格安SIMに乗換えるユーザーの割合はそれほど伸びていないのが現状です。

その理由の一つに、今回取り上げる「格安スマホは緊急通報ができないのでは?」という不安材料を抱えているからです。

緊急通報とは、事故や事件に遭遇してしまった時の「110番通報」や「119番通報」などの緊急電話のことです。人生の中でそう何度も使うことはないにしても、イザという時には必ず使える環境にしておきたいものです。

そこで今回は、格安スマホや格安SIMで本当に緊急通報が出来ないのか、格安スマホを使った緊急通報をする方法など、格安スマホやSIMを検討中で不安を感じている方に向けて情報をお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてください!

契約するプランで違う緊急通報が出来る!出来ない! 

最初に「緊急通報が出来る出来ない」の前に、格安スマホや格安SIMにはどんな契約内容があるのかを知っておく必要があります。それを理解していないと契約後に後悔することになるので必ずチェックしておきましょう。

☑音声通話対応SIMプラン
この契約は、文字通り通話が可能なプランになります。固定電話や090・080などキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と全く同じように普通に電話が出来ます。

☑データ通信専用SIMプラン
こちらの契約は、一般的な電話回線を使った通話が出来ないプランで、その分月額料金も激安になっており、通話機能を必要としないユーザーに人気があります。ただ、インターネット回線を利用したIP電話(050)などでの通話は可能になっているので、それらを活用しているユーザーが多くなっています。

このように、格安SIMには2つのプランがありユーザーが使い方によって選択できるようになっています。そして、緊急通報・緊急電話が出来るのか出来ないのかは選択するプランにより違ってきます。

最初に紹介した「音声通話対応SIMプラン」の場合、普通に通話が出来るので当たり前ですが緊急通報をすることが可能です。それに対して「データ専用SIMプラン」では、一般の電話回線を利用した通話が出来ないので緊急電話には対応していません。つまり、緊急通報は出来ないと言うことです。

☑音声通話対応SIMプラン・・・緊急通報はできる

☑データ専用SIMプラン・・・緊急通報はできない

このように、緊急通報が出来る出来ないは最初に選択するプランによって変わってきます。

格安スマホや格安SIMに乗換えるメリットは何と言っても「通信費(スマホ代)のコストダウン」ですから、ついつい安さに釣られてデータ専用最安値プランを選びたくなりますが、よく考えないとイザという時に慌ててしまうことになるので注意が必要です!

では次に、格安スマホでイザという時に緊急電話が可能な方法を紹介していきます。

方法①「音声通話SIM」を契約する!

何度も書いている通り格安スマホや格安SIMで緊急通報を確実にしたいなら、迷わず音声通話対応SIMプランに申込むことです。そうしておけば、イザという時でも「110番」や「119番」などの緊急電話も使えますので安心です!

しかし、この対処法には欠点、つまりデメリットがあります。それは、毎月の利用料金が少し高くなってしまうことです。

と言っても、月に1,000円前後高くなるだけでキャリアのバカ高い料金に比べると、はるかに安いので敬遠するほどの大きなデメリットではないと思います。要するに、保険と同じで少しの掛け金で安心を手に入れると考えれば良いと思います!

方法②「緊急通報アプリ」を使う!

次に、どうしても音声通話対応プランは必要がないという方が、イザという時に緊急通報をするための方法です。

この方法は、一般回線を使わずに専用のアプリ「緊急通報ナビ」をダウンロードしておけば、音声通話プランに申込まなくても緊急通報が可能になります。

「緊急通報ナビ」とは、事件や事故など万が一の時に警察に緊急通報するのに役立つアプリです。050番号など110番通報が出来ないIP電話などから最寄りの警察署へ電話することができる便利なアプリです。

最寄りの警察署の検索も自動で行ってくれる(下記図)ので、土地勘のない場所で通報が必要な時でも即座に一番近い警察署を探すことが可能になっているのが特徴です。

ただ、このアプリは先程も書きましたが警察への通報、つまり110番通報のみに対応したアプリで、病気やケガなどで救急車を呼ぶ119番通報が出来ないのが欠点として上げられます。

方法③「ガラケー&スマホの2台持ち」

3つ目は「ガラケーと格安スマホの2台持ち」です、これは格安スマホから緊急通報をするというものではありませんが、確実に110番や119番などの緊急電話も出来るもので、合わせて毎月の通信費(スマホ代)を節約できる方法になります。

つまり、「ガラケーを通話専用」と「格安スマホやSIMをネット専用」で上手く使い分けることで、緊急電話にも確実に対応でき、トータル的な通信費もお得になる方法です。

「端末の2台持ち」については当サイトでも「決定版!激安でガラケーとタブレットの2台持ちをする方法!!」で紹介しているように、意外にメリットが多く、低価格のガラケーとネット専用の端末(スマホやタブレットなど)を上手く組合せることで結果的に通信費の節約が可能になります!

通話が多いユーザーで端末の複数持ちが気にならない方は一考の価値はあると思います。

まとめ

今回は「格安スマホや格安SIMから緊急通報が出来るのか?」を紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

通信業界はこれからますます進化していく業界です。それはネットワーク強化はもとより、このような緊急時の対応も進んでいくことは間違いありません。

毎月の通信費(スマホ代)が安くなるのは分かっているけど「イザという時に緊急電話が出来なのであれば乗り換えはムリかな」と考えていた方は再考の価値を感じていただけたのではないでしょうか。

【よく読まれている関連記事】

格安スマホで節約に成功した我が家の事例
自分に最適な格安スマホがスグ分かる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加