1. TOP
  2. 格安SIMでLINEを快適に使うための年齢認証の対処法とは?

格安SIMでLINEを快適に使うための年齢認証の対処法とは?

毎月のスマホ代が安くなると話題の格安SIM(MVNO)を検討している方は多いと思いますが、気になるのがLINEの年齢認証が出来ない問題です。

LINEと言えば、今や電話やメールに変わり連絡手段の主流になっているので上手く使えないと困ってしまいます。

そこで今回は、格安SIM(MVNO)で快適にLINEを使うために、問題となっている「年齢認証」を解決する対処法と、年齢認証が可能な格安SIM(MVNO)を紹介してみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMはLINEの年齢認証が出来ない

ネット上で多くの情報が流れているように、ほとんどの格安SIM(MVNO)ではLINEの年齢認証が出来ません。それが理由で、格安SIMに乗り換えを躊躇してしまう方も数多くいるはずです。

連絡手段としては非常に便利なサービスで利用する場面が多いだけに、早く格安SIMでも年齢認証が出来るようになって欲しいものです。では、そもそもLINEでは年齢認証をするようになっているのでしょう。

年齢認証を行う理由と目的

LINEが年齢認証を行う理由と目的は、18歳未満のユーザーをトラブルから未然に守るためです。最近、ニュースでも度々取り上げられているようにLINEの中で知り合った人とトラブルに巻き込まれる未成年者がいます。

そのため、LINEでは「KDDI・ドコモ・ソフトバンク」と協力して年齢認証を行い、年齢に満たない人や確認が出来ないユーザーはID検索が利用することが出来ない機能制限を実施しています。

年齢認証が出来ない場合のデメリット

ここでは年齢認証が出来ない場合のデメリットについて紹介します。

【LINEの年齢認証が出来ない場合のデメリット】

ID検索が出来ない
電話番号検索が出来ない

つまり、上の2つの検索が出来ないと新しい友達を追加したい場合に非常に不便になるということです。また、自分のIDは存在するものの友人や周囲の人が、あなたのIDを検索しても探すことが出来ない状況になってしまいます。

年齢認証が可能になる対処法とは?

LINEが年齢認証を行う理由と目的、年齢認証が出来ない場合のデメリットはお分かりいただけたと思います。ここからは、格安SIMでも年齢認証が可能になる裏技的な対処法と、デメリットに対する対処法を紹介します。

キャリアのSIMを使った年齢認証の対処法

これから紹介する対処法は、ドコモ・au・ソフトバンクにID登録をしているSIMカードを使ったもので、手順は下記の通りです。

1.キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)にID登録しているSIMカードを準備

2.そのSIMカードを、格安SIMで使う端末に挿入する

3.電源をONにして、LINEアプリを起動し「IDの検索を許可」を有効にする

4.年齢確認画面が開きますので「年齢確認をする」を選択します。

5.キャリアのログイン画面に移行するので「電話番号とパスワード」を入力して年齢確認を行えば、年齢確認が完了して「IDの検索を許可」が有効になります。

6.端末の電源をOFFにして、MVNOのSIMカードと入れ替えれば完了。再起動しても端末自体に年齢確認の事実が残りますので、LINEを普通に使えます。

ご覧のように、キャリアのSIMカードが必要になります。既にキャリアを解約してしまっている場合は、家族や友人に頼んでSIMカードを年齢確認の時だけ借りればOKです。

ただ、裏技的な方法なので実行するかどうかは各自の責任のもと行ってください。

年齢認証が出来ない場合の対処法

ここでは、先に紹介した方法が嫌な方や、SIMカードを借りれない方のために、ID検索の代わりになる対処法を4つ紹介します。

1.ふるふる機能を使う

2.LINEアカウントのURLまたはQRコードを使う

3.「友だち自動追加」を許可する

4.PC版LINEを使う

友だちに追加したい人と直接会っている場合は「ふるふる機能」や「QRコード」を使えば簡単に追加登録が可能です。

もし、なかなか会えない人を追加したい場合は「LINEアカウントのURL」か「QRコード」をメールで送り、相手がQRコードを読み込むか、URLをタップしてくれれば相手の友だちに追加されます。

また、あなたが相手の電話番号をアドレス帳に登録したら自動で友だちに追加される「友だち自動追加」を許可の状態にしておけば登録されます。

4つ目は、PC版LINEを使ってID検索を行う方法です。面倒くさいですが、相手のIDを教えてもらいPC版LINEから友達申請をします。

年齢認証が可能な格安SIM2選

ここまで、格安SIMで問題になっている年齢認証についての対処法をいくつか紹介しましたが、どれを取っても手間がかかり、本来のLINEの手軽さ便利さが失われています。

そこで、この章ではLINEの年齢認証が可能な数少ない格安SIMを2つ紹介します。ある意味、紹介した対処法より一番簡単で確実な対処法と言えますので参考にしてください。

LINEモバイル

LINEモバイルは、その名の通りLINEのグループ会社が提供している格安SIMです。ですので、当たり前のように年齢認証が可能です。ほとんどのMVNOが年齢認証が出来ない中、LINEを運営している強みを活かして差別化を図っています。

また、LINEモバイルの最大の特徴に「LINEを使った際のデータ容量が消費されない」ことにあります。つまり、LINEメインの人ならデータ容量使い放題になります。

詳しくは下記の記事をご覧になってください。

月額500円~!LINEの通話・トークが使い放題!はコチラをクリック↓↓

LINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題!はコチラをクリック↓↓

LINEなどのSNS以外に音楽聞き放題!はコチラをクリック↓↓

LINEモバイルの公式サイトはコチラをクリック↓↓

ワイモバイル

ワイモバイルは頻繁にテレビCMが流れているので知っている方がほとんどだと思いますが、LINEモバイルと同じく年齢認証が可能なサービスです。ただ、他のMVNOと違い独自回線を持っているので厳密にいうとMVNOとは違います。

ですが、料金面ではキャリアよりも遥かに安くサービスを提供しているので、キャリアから格安SIMに乗り換えてLINEを楽しみたい方に適しています。

料金体系も「通話料金+パケット代」がコミコミになっており、非常にシンプルで分かりやすく、実店舗も全国に展開しているのでスマホ初心者が安心して利用できるサービスです。

さらに、ワイモバイルは通話サービスについても充実しており、3種類のスマホプラン全てに最初から「10分以内の通話がかけ放題」が付いています。LINE以外に通話を重視されるユーザーには最適です。

ワイモバイルを詳しく知りたい方はコチラをクリック↓↓

まとめ

今回は、格安SIM(MVNO)ではLINEの年齢認証が出来ない問題についての対処策と、特別な作業なしで年齢認証が可能なLINEモバイルとワイモバイルの紹介をしてみました。

毎月のスマホ代を安くしたいから格安SIMに乗り換えたい、でもLINEが上手く使えないからと乗り換えを躊躇していた方は参考にしていただき、ぜひスマホ代の節約を成功させてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

モバイルインフォメーション

この人が書いた記事

  • mineoのソフトバンクプラン開始!「333円キャンペーン」ってお得なの?

  • ワイモバイルの新スマホプラン!お値段そのままギガ増量はお得なの?

  • ドコモからワイモバイルに乗り換えがお得な6つのポイントとは?

  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは料金改定してお得になったのか?

関連記事

  • 月額500円で何が出来る?LINEモバイル「フリープラン」の評判!

  • mineoでスマホ代を毎月2万円節約した我が家の実例と口コミ評判!

  • いまさら聞けない?!MVNOって何?格安スマホって何で安いの?

  • 要注意!WiMAXの料金滞納で喰らう強制解約の恐怖?!

  • 通信制限に悩んでる方必見!テザリングに頼らないネットのつなぎ方!

  • LINEやYouTubeが使い放題のカウントフリーSIM3選と口コミ・評判!