外出先でパソコンを使う時のベストなインターネットの接続方法とは?

小型軽量で持ち運びが楽ちんなモバイルノートパソコンが人気で、仕事やプライベートなど外出先でも便利に気軽に使っている人をあちこちで見かけますが、ちょっとカッコ良く見えますよね。

きっと、あなたも同じように使ってみたいと思ったことがあると思いますが、外出先でパソコンを使う時のインターネット接続をどうするか考えたことはありますか?

一般的には、スマホを利用したテザリングやカフェなどのお店で用意されている無料のWifi、WiMAXなどのモバイルWifiを利用することが考えられると思います。

◆テザリング
◆無料のWifiスポット
◆モバイルWifi(WiMAXやポケットWifi)

では、これらのネット接続方法の中でベストなものとは一体どれになるのでしょう?

そこで今回は、ノートパソコンを外出先で使う際のインターネット接続について書いてみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

外出先のネット接続はモバイルWifiがベスト

最初に結論から書きますが、外出先でノートパソコンを使う時のベストなインターネットの接続方法はモバイルWifiです。

◆モバイルWifi=WiMAXやポケットWifi

その理由を分かりやすく書いていきます。ただ、全てにおいて良いと言うのではなく当然デメリットもあるので書いておきます。また、テザリングやWifiスポットを勧めない理由はこの後の章で紹介します。

モバイルWifiのメリット

1.テザリングより使えるデータ容量が遥かに多い

2.通信速度が速く動画を見るのもストレスを感じない

3.無料Wifiスポットに比べセキュリティが強い

4.モバイルWifiを使うことでスマホ代が安くなるケースが多い

5.モバイルWifiは自宅の固定回線の代わりになる

順番に見ていきましょう。

1のテザリングより使えるデータ容量が多いというのは、スマホでテザリングをする場合だと使えるデータ容量はスマホで契約している容量内ということになります。だいたい、スマホの契約データ容量は月間5GB以下なので、長時間動画などを観たりすると”あっという間”にデータ容量がなくなり通信制限(速度制限)を受けることになります。外出先でノートパソコンを快適に使えなくなるうえにスマホまで使いにくい状況に陥ってしまいます。

その点、WiMAXやポケットWifiなどのモバイルWifiはプランによっては月間に使えるデータ容量が無制限の場合が多いのでデータ容量の残りを心配する必要がないんです。※3日間制限がある場合があります。

2の通信速度が速いは、例えばWiMAXのW05という端末だと下り最大708Mbps(テスト上の速度)の高速通信が可能となっていますので動画もストレスなく鑑賞できます。

3のセキュリティーについては、カフェなどの無料Wifiスポットでは若干の不安がありますが、モバイルWifi(WiMAXやポケットWifi)は最新の暗号化技術が採用されているので安心して利用することが出来ます。

4のモバイルWifiを使うことでスマホ代が安くなるは、外出先でのネット接続をモバイルWifiにすることでスマホの契約プランを最小のデータ容量にできるので月額料金を抑えることが出来ます。さらに、いま流行りの格安SIMを活用すれば超大幅なスマホ代節約も可能になります。詳しくは下記の記事で詳細を書いていますのでご覧ください。

格安SIMとWiMAXの併用でスマホ代を節約↓↓

5の自宅の固定回線の代わりなるは、モバイルWifiは外出先でも使えますが当然ながら自宅でも使うことが出来ます。ですので、光回線などの固定回線が必要なくなるわけです。つまり、固定回線の費用も節約できるということになります。

しかも、モバイルWifiは固定回線のような引き込み工事なども必要ないので手軽に使えるメリットがあります。

モバイルWifiのデメリット

1.端末を複数台持ち歩くことになる

2.契約が別になるので管理が手間(請求が分かれるなど)

3.スマホの通信エリアより若干狭い

1の端末の複数台持ちは、テザリングだとスマホとノートパソコンだけで済みますが、モバイルWifiを利用すると、もう1台余分に端末を持つことになります。ただ、WiMAXなどもモバイルWifiの大きさはスマホの半分くらいなのでそれほど気になるものではありません。

2の契約が別になり手間は、スマホ以外にモバイルWifiの契約をするので請求が分かれますから若干面倒に感じることがあります。

3の通信エリアの狭さは、スマホで使っているキャリア回線に比べてやや狭いということです。特にWiMAXの場合は、直進性の強い電波が使われているので建物内で繋がりにくい場合があります。

以上がモバイルWifiのメリット・デメリットになります。確かにデメリットもありますが、テザリングや無料Wifiスポットを使うよりもメリットがあることがお分かりいただけたと思います。では次の章ではテザリングと無料のWifiスポットを使った時のデメリットについて書いていきます。

テザリングを使った時のデメリットとは

テザリングはスマホを使ったネット接続の方法で、余分に端末を持つ必要がなく手軽なので良いのですが、いくつか注意点もありますので気をつけましょう。

1.常にデータ容量を気にしなくてはいけない

2.キャリアの場合はテザリングが有料になる予定

3.テザリング中の通話が切れる場合がある

1のデータ容量については、先ほども書きましたがテザリングの場合に使えるデータ容量はスマホの契約プランで決まっている容量内になります。だいたいの場合、スマホの契約データ容量は5GB以下ですので、外出先で動画を見たりするとあっという間にデータ容量を消費してしまい通信制限を受ける羽目になります。

しかも、通信制限はスマホが受けることになるので、少しスマホで調べものをしたい時でも中々サイトに繋がらないなんてことになってしまいます。

2のテザリングが有料になるは、既にご存知だと思いますがドコモやau、ソフトバンクのキャリアは今後テザリングが有料になる予定です(auは既に有料化してます)。つまり、知らないでテザリングをすると通常のスマホ代以外にテザリング代を請求されることになるので要注意です。

3のテザリング中の通話が切れるは、全ての通話で起こるわけではありませんが、たまにテザリング中に受けた電話が何らかの原因で途中で切れてしまうケースが報告されています。

無料Wifiスポットを使った時のデメリットとは

無料のWifiスポットは、スタバやファミレスなどで完備されているWifiです。確かに無料ですから嬉しいサービスなのですが注意しないといけない点もあるので気をつけましょう。

1.使える場所が限定される

2.セキュリティーに不安がある

1の使える場所が限定されるは、例えばスタバでインターネットをしたい場合は店内であれば問題なく使うことが出来ます。しかし、いったんスタバを出てしまうとエリア外になりインターネットに接続することは出来ません。

2のセキュリティーに不安があるは、スタバなどメジャーなお店などであれば一定のセキュリティーは施されていますが、例えば個人経営のお店などの無料Wifiは正直言っておすすめではありません。特に仕事でネットに繋げる場合は避けておいたほうがいいでしょう。

まとめ

今回は「外出先でパソコンを使う時にベストなインターネットの接続方法」について書いてみました。テザリング・無料のWifiスポット・モバイルWifiと、どれもそれぞれ特徴がありますが総合的に考えるとモバイルWifiがベストだという結論になります。

☑データ容量の心配は無用

☑場所を選ばない

☑使い方次第で通信費の節約が可能

スタバなどのカフェでカッコよくパソコンを使いたい!そんなあなたはモバイルWifiを検討してみてはいかがでしょう。

モバイルWifiをお得に手に入れる情報を知りたい方はコチラをクリック↓↓

WiMAXの最安値を知りたい方はコチラをクリック↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加