1. TOP
  2. 楽天モバイル
  3. 楽天モバイルのスーパーホーダイは料金改定してお得になったのか?

楽天モバイルのスーパーホーダイは料金改定してお得になったのか?

 2018/06/26 楽天モバイル
この記事は約 9 分で読めます。 495 Views

2018年6月14日、楽天モバイルが主力プラン「スーパーホーダイ」のリニューアルを発表しました。主な変更点は、割引の適用を受ければ最初の2年間が月額1,480円で利用できるほか、かけ放題になる1回あたりの通話時間が「5分→10分」に延長されたこと、月に24GBのデータ容量が使える「プランLL」を追加させたことです。

【リニューアル点】

◆2年間ずっと月額1,480円~で使える

◆月間24GBのデータ容量が使えるプランLLが新登場

◆5分以内の通話かけ放題から10分以内の通話かけ放題に変更

このように、パッと見では非常にお得感がアップしたように感じますが、リニューアルした「スーパーホーダイ」はホントにお得になったのでしょうか?

結論から言うと、リニューアルした楽天モバイルの「スーパーホーダイ」はお得です。

割引の適用を受けるには条件もありますがメッチャ緩い条件ですし、大容量プランが追加され、かけ放題の通話時間も2倍になったので確実にユーザーの選択肢が広がったことに加え、以前からのお得なメリットもありパワーアップしているからです。

➤楽天モバイル「スーパーホーダイ」公式サイトはコチラをクリック

と言うことで今回は、リニューアル後の楽天モバイル「スーパーホーダイ」がお得だという理由について解説をしていきます。楽天モバイルにしようかどうしようか迷っている方は参考にしてみてください。

リニューアルした「スーパーホーダイ」がお得な理由

最初にスーパーホーダイの改定された点を書きましたが、実際にどんな風に変更になってお得感がアップしたのか解説をしていきます。また、それに加えてリニューアルされる前からあるメリットも改めて紹介をしておきます。

「楽天会員+長期割」の適用で大幅割引を実現

まず最初に楽天モバイルのスーパーホーダイを検討している方が一番気にしているであろう料金プランを掲載しておきます。

画像の通り、新しいスーパーホーダイプランは選べる4つのプランがあります。ひと月に利用できるデータ容量(プランS=2GB・プランM=6GB・プランL=14GB・プランLL=24GB)の違いで分かれており、10分以内の通話かけ放題は全てのプランに付いています。

選び方は、まず貴方がひと月に使うデータ容量に見合ったプランを選択してから、契約年数「1年・2年・3年」の中から選ぶことになります。

では、新スーパーホーダイの料金で”どこがどんな風に”お得かですが、やはり何といっても割引後に月額料金の安さです。ここでは、プランSの月額料金で検証してみましょう。

スーパーホーダイの通常時の月額基本料金は2,980円です。それが、楽天に会員登録している方が”3年契約”を選ぶと基本料金2,980円が「楽天会員割+長期割」が適用され、契約から2年間が月額1,480円となります。さらに、ダイヤモンド会員の方だとプラス500円/月(1年間のみ)が割引されるので月額980円(1年間のみ)で利用することができます。

割引の仕組みは画像の通り。

◆楽天会員=2年間毎月500円割引

◆3年契約=2年間毎月1,000円割引

◆2年契約=2年間毎月500円割引

◆ダイヤモンド会員=さらに1年間毎月500円割引

割引を受けるには「楽天会員であること」「2年もしくは3年契約を選ぶこと」の2つが条件になります。残念ながら1年契約を選ぶと長期割は受けられないので気を付けましょう。

さて、条件の一つ目「楽天会員」は簡単に無料で登録が出来ますので損をすることはありません。それどころか、会員になっておけば楽天の各種サービスを利用するときに得することが多くあるので必ず登録を先に済ませておきましょう。

もう一つの条件「契約年数」は、最大の割引を受けることができる「3年契約」については「長すぎるのでは?」と賛否両論の声があり損得の判断は難しいですが「3年くらいスマホを使うよ」って方にはお得な内容のサービスになると思います。

この項の最後に、今回の「楽天会員割+長期割」が適用された場合と未適用の場合の料金の比較を楽天モバイルの公式サイト画像で紹介しておきます。

上の画像はプランSの割引比較になります。一番左側のグレーの部分2,980円が割引なしの通常時の金額です。そして、楽天会員なら500円割引、長期割が加算されて最終的な月額料金が決まります。

かけ放題の通話時間10分は通話重視ユーザーも納得

リニューアル前のスーパーホーダイはかけ放題の通時間が1回あたり5分以内でしたが、今回のリニューアルで通話時間が倍増して1回あたり10分以内になりました。わずか5分間の延長ですが仕事やプライベートで通話を頻繁にするユーザーにとっては非常に有難いことです。

※10分間かけ放題の運用は2018年7月1日より

月間24GBの大容量プラン追加で選択肢が拡大

今回のリニューアルでスーパーホーダイには新しいプランが一つ追加されました。新プランの特徴はひと月に使えるデータ容量が24GBと大容量になっており、動画視聴やゲームなどをよくするミドルユーザーには嬉しいプラン増加になっています。

最低利用期間内の解約金が一律化

リニューアル前のスーパーホーダイは解約時の違約金が、解約をする時期により9,800円~29,800円と決まっていましたが、今回のリニューアルで契約期間内に解約した場合は一律9,800円になりました。これはスーパーホーダイを契約したけど、どうしても解約をする場合の負担が大幅に軽減されたことになります。

以前からある楽天モバイルのお得なメリット

ここまでは、今回のリニューアルでお得感がアップした項目について解説をしてきましたが、ここからは以前からあったお得なメリットを紹介していきます。

データ容量を使い切っても1Mbpsで使い放題
楽天モバイルのスーパーホーダイ最大のメリットと言えると思います。他社にはない仕組みで、決められたデータ容量を使い切った後でも通信速度が1Mbps確保されることで、ある意味データ容量使い放題の状態になっています。

3年目以降もデータ容量が減らない
同じようなプランを提供しているワイモバイルとUQモバイルの場合、3年目以降はデータ増量キャンペーンがなくなりひと月に使えるデータ容量が半分になってしまいます。しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイの場合だと3年目以降も減ることなく使えます。

自動更新されない
この自動更新がされないのは意外に嬉しいメリットになります。キャリアや他社MVNOだと契約更新月がきたら自動的に更新されてしまいます。「更新せずに解約をする予定だったのに忘れていたら勝手に更新されていた・・・」はよく聞く話しです。

楽天モバイルを利用すると楽天ポイントがお得に貯まって・使える
さすがに楽天グループのサービスだなと感じますが、楽天モバイルを使うことで”よりお得”に楽天ポイントを貯めることが出来て、貯まったポイントをスマホ代に使うことも可能。また、楽天市場でショッピングをしても通常より多くのポイントが貰えるので、トータルで考えるとかなり得することになります。

ワイモバイル・UQモバイルとの比較で分かるお得感

楽天モバイルのスーパーホーダイを検討している方の多くが、激似プランがあるワイモバイルとUQモバイルも選択肢にあると思います。以前徹底比較!楽天モバイル「スーパーホーダイ」はワイモバイル・UQモバイルを超えられるのか?!で旧スーパーホーダイとワイモバイル・UQモバイルとの比較を書きましたが、今回のリニューアルでどう変化したか楽天モバイル公式サイトの画像を基に解説していきます。

この画像は、それぞれの月額料金の推移を比較していますが、今回のリニューアルで楽天モバイルのスーパーホーダイがお得なのがよく分かります。例えば、2年契約の場合だと1年目は3社とも月額料金1,980円とりますが、2年目になると毎月1,000円の差額があり年間で12,000円もお得になるのが分かります。

さらに、詳細の比較を見ると明らかに楽天モバイルのスーパーホーダイがお得になっているものがあります。

データ容量を使い切った後の通信速度
ワイモバイルとUQモバイルはデータ容量を使い切った後の通信速度が最大128Kbps・300Kbpsなのに対して、楽天モバイルは1Mbpsの速度が確保されています。通信速度1Mbpsは標準画質のYouTube動画やGoogleマップなどをストレスなく使える速度と言われていますので、ある意味データ容量使い放題と言っても過言ではないかも知れません。

選べるプランが多い
ワイモバイルとUQモバイルは選べるプランが3つなのに対して、楽天モバイルのスーパーホーダイは今回のリニューアルで「プランLL=データ容量24GB」が追加されたことでユーザーの選択肢が増えました。データ容量24GBは、さすがにヘビーユーザーには若干物足りないかもしれませんがミドルユーザーには最適なプランになると思います。

契約期間が自由に選べる
ワイモバイルとUQモバイルの契約期間が2年間しか選べないのに対して、楽天モバイルのスーパーホーダイは「1年・2年・3年」の中から貴方に合った年数を自由に選ぶことが出来ます。

3年目以降も変わらないデータ容量
この画像には掲載されていませんが、ワイモバイルとUQモバイルは3年目以降はキャンペーン適用外となりデータ容量が「2GB→1GB・6GB→3GB・14GB→7GB」に減ってしまいますが、対して楽天モバイルのスーパーホーダイは3年目以降もデータ容量が減ることなく使えるようになっています。

知っておきたいスーパーホーダイのデメリットとは?

ここまで、リニューアルした楽天モバイル「スーパーホーダイ」のお得に理由について解説をしてきましたが、この章では逆にデメリットについて解説をしておきます。

「組み合わせプラン」に比べて種類が少ない
楽天モバイルには「スーパーホーダイプラン」の他に「組み合わせプラン」があります。「組み合わせプラン」は「ベーシックプラン・3.1GBプラン・5GBプラン・10GBプラン・20GBプラン・30GBプラン」があり、それにデータ専用SIM・050データSIM・音声通話SIMを組み合わせて選べるようになっています。それに比べるとスーパーホーダイは組み合わせること自体が無理なので少し柔軟性に欠けているといえます。

データ容量を使い切った後の1Mbpsは保証されていない
メリットの部分で書いたように、データ容量を使い切った後でネットをするのに支障のない1Mbpsの通信速度が確保されているとなっていますが、実はこの速度は完全に保証されたものではなく、通信環境や回線の混雑具合で遅くなる可能性があります。

1年契約には割引がない
今回のリニューアルは、あくまでも2年か3年の長期契約をするユーザーに向けたもので、短期間の1年契約を選択した場合には長期割が適用されない仕組みになっています。

3年目は料金がアップする
大幅な割引が適用されるのは2年間のみ。3年目は通常の基本料金に戻ることを理解しておく必要があります。キャッチコピーの「2年間ずっと」の”ずっと”に引っかかってはいけません。

まとめ

今回は、2018年6月にリニューアルした楽天モバイルのスーパーホーダイについて書いてみました。意外に数多くのメリットがあることをお分かりいただけたのではないかと思います。

特に通話重視のユーザーには間違いなくお得感が増したリニューアルになっているので、この機会に楽天モバイルに乗り換えを決断してみてはいかがでしょうか。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 必見!格安SIMへ乗り換え前に読んで欲しいMVNO20社の徹底比較!

  • 徹底比較!AQUOS SH-M04と格安SIMがお得にセット購入できるMVNO

  • 格安スマホで買える!防水・防塵機能付きSIMフリースマホ5選!

  • 知らないと損をする!キャリアメールが使える格安SIM6社一挙公開!

  • 遂にドコモから楽天モバイルに乗り換えました!

  • 乗り換えの定番!?ドコモから楽天モバイルはホントにお得?