1. TOP
  2. 格安SIMメリット・デメリット
  3. 主婦のための格安SIMとは?知らないと損をするメリットとは?

主婦のための格安SIMとは?知らないと損をするメリットとは?

 2019/05/27 格安SIMメリット・デメリット
この記事は約 13 分で読めます。 59 Views

毎月のスマホ代が大幅に節約できると注目を集めている「格安SIM」ですが、あなたは気になっていませんか?

◆テレビCMもやってるし、安くなりそうだから興味はあるけど、よく分からないので少し不安・・・

確かに安くなるよってことばかりが目立って、肝心の通信速度や通信エリア、サポート面などの情報が少ないのが実情です・・・。

◆だから乗り換えも躊躇してしまうんです・・・

でも、結論から言いますと格安SIMは間違いなくスマホ代を節約できるサービスです。

と言うことで、この記事では格安SIMや格安スマホに興味はあるけど分からないことだらけで、なかなか乗り換えに踏み切れないあなたに、不安や疑問を分かりやすく解説していきたいと思います。

30秒で分かる格安SIMとは?

格安SIMの何がお得なのか等を解説する前に、まず最初に格安SIMについて解説しておきましょう。

格安SIMとは、その名通り格安料金でスマホの通話やデータ通信(インターネット)が使えるSIMカードのことです。

SIMカードってなに??

SIMカードはスマホには必ず入っている小さなカードで、このカードを挿入することで通話やインターネットが初めてできるようになります。つまりスマホの頭脳みたいなものです!また、SIMカードにはデータ通信専用と通話ができるタイプの2種類があるんです。

そして、このSIMカードを販売・サービス提供しているのがMVNOと呼ばれる会社です。きっとあなたもテレビCMで見たことがあると思いますが「UQモバイル」などがそうです。

UQモバイルは分かるけど・・MVNOってなに??

MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから回線の一部を借りて「通話やインターネット」のサービスを提供している会社です。MVNOは、今では百社以上あると言われています(驚)

そうなんです。格安SIMを提供しているMVNOは今では100社を超えるほど乱立しており選ぶのも苦労しそうなくらいです。しかし、逆に考えるとあなたに合ったサービスが必ず見つかるはずです。

【格安SIMとは?まとめ】

・格安SIMは、MVNOが提供する格安料金のSIMカードのこと
・SIMカードは、スマホに必ず入っている(スマホの頭脳)
・SIMカードにはデータ通信専用と音声通話対応の2種類があって選べる
・MVNOは、大手キャリアの回線の一部を借りてサービスを提供している会社のこと
・MVNOは、めちゃくちゃたくさんあるので自分に合ったサービスと必ず出会える
・テレビCMをしているMVNO「UQモバイル・楽天モバイル・LINEモバイル」など

知らないと損をする格安SIMのメリットとは?

では、続いて格安SIMを使うことのメリットについての解説です。

格安SIMを利用する大きなメリットは3つ。

1.毎月のスマホ代を大幅に節約できる
2.契約期間の縛りがキャリアに比べ非常に緩い
3.プランやオプションの選択肢が多い

毎月のスマホ代を大幅に節約できる

まず1つ目のスマホ代の節約ですが、あなたは毎月どれくらいのスマホ代を払ってますか?

あなたと旦那さん、そして子供2人の4人家族の場合、平均的なスマホ代は約20,000~25,000円。

で、格安SIMに乗り換えた場合、大抵の家族が半分以下になることも!

詳しく説明すると、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を利用している多くのユーザーのスマホ代は月額7,000円~10,000円と言われています。それに対して、格安SIMを利用した場合の月額料金は2,000円~4,000円となっています。

平均的な金額の比較でも分かるように、キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、毎月5,000円くらいの節約ができます。1年間で計算すると約60,000円もの節約になります。

これを読んで、家計を預かるあなたは驚いたのではないですか(笑)

でも、この節約って本当なんです!

もし、あなたが家族みんなで乗り換えれば年間で数万円も節約ができる計算になります。つまり、家計の負担がグッと減り、浮いたお金で家族旅行などの贅沢もゲットできると言うことです。

契約期間の縛りがキャリアに比べ非常に緩い

2つ目のメリットは契約期間について。意外に見落としがちなメリットなので知らないと損をします。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの場合、基本的に2年間の契約期間が設定されています。もし、期間内に解約をすると違約金が発生します。また、契約更新についてもお知らせはあるものの自動更新の場合が多いのに加えて、違約金なしに解約できる期間が非常に短いので注意していないと気付けば契約更新されているなんてこともあります。

対して、格安SIMはデータ通信専用SIM(通話が出来ないタイプ)であれば最低利用期間(契約期間)がなく、いつ解約しても違約金が発生しません。そして、音声通話対応のSIMカードでも大体1年の利用期間で違約金なしで解約できる仕組みになっています。

いずれにしても、キャリアの2年縛りに比べると非常に緩い感じの縛りになっているので、気軽に利用することができます。

プランやオプションの選択肢が多い

3つ目のメリットは選べるプランやオプションが非常に多いと言うことです。

最初にも書いたように格安SIMを販売している会社は数えきれないほどあります。その上、料金プランも細分化されており、ユーザーの使い方に合わせたサービスを選ぶことができるんです!

先に紹介しているように、現在格安SIMを提供しているMVNO事業者は100社を超えると言われています。当然、それぞれの会社には料金プランが用意されているので選択肢が多いと言うことになります。

また、キャリアに比べてプランが細分化されているのでユーザーの使い方に合わせたプラン選びが出来るというもの格安SIMの大きなメリットです。

でも、ここであなたは不安がよぎったはずです。

「選択肢が多いと言うのは何となく理解できたけど具体的にはどんな感じで選べるの?」

と言うことで、選び方の具体例をいくつか挙げてみましょう。

【例1:インターネット中心で通話をしないユーザー】
こんなユーザーには通話が出来ないデータ通信専用SIMが最適です。また、ひと月に使うデータ容量によって選べるプラン(500MB~30GB)がMVNO各社からたくさん提供されているので無駄なデータ容量を購入することがなくなります。当然ながら節約もできます。一石二鳥です。

【例2:連絡はLINE(コメントやLINE電話)があればOKというユーザー】
そんなユーザーには、LINEを使う際のデータ容量が消費されないLINEモバイルが最適。

【例3:通話重視のユーザー】
仕事やプライベートで通話が必要なユーザーには、通話とデータ通信の料金がコミコミになったUQモバイルのおしゃべりプラン・ワイモバイルのスマホプランなどが最適です。

ここでは3つの例を挙げましたが、他にもたくさんのプランが用意されているので自分に合ったプランを必ず見つけることができます。肝心なのはあなたがひと月で使うデータ容量や、通話が必要か不要かなどをキッチリと把握することなのです。

【格安SIMメリットまとめ】

・毎月のスマホ代を大幅に節約できる
・プランが多く、細分化されているので自分に合った・最適なプラン選びができる
・契約の縛りが緩いので違約金のリスクが低い

格安SIMが安い理由はコチラ

前章まで読んで、きっとあなたは次のような疑問をお持ちのはずです。

・格安SIMのいい所は分かったけど、でも何で安くなってるの?
・安い代わりにサービスの質が悪いんじゃないの?

確かに、何故?安くなっているのか気になるところですよね。

でも、大丈夫です。安くなるにはきちんと理由があるんです。それに安いからと言って決してサービスの質が悪いわけではありませんからご安心ください(笑)

【格安SIMが安い理由】
回線(電波)を借りているので莫大な費用が掛かる通信設備を持たなくて済む
実店舗を持たないので”人件費や地代”が不要

格安SIMが安い料金でサービスを提供できる大きな理由は上の2つです。

特に通信設備を整備する費用は莫大ですから、その費用が不要なだけで格安料金が実現できていると言っても過言ではないのです。

また、サービスの質についても安いからと言って決して悪くはありません。確かに、いくつかのデメリット(不安材料)がありますが、通話もインターネット接続もキャリアと同じように普通に使えます。事実、ここ数年でキャリアから格安SIMに乗り換える人が急増しています。

デメリットについては後ほど紹介しますが、何よりも格安SIMのメリットを知らないでキャリアに高額なスマホ代を払い続けるのは本当にもったいないと言うことです。

【格安SIMが安い理由まとめ】

・通信設備の整備費用が不要
・実店舗を持たないので人件費・地代が不要

※それ以外にもありますが安くなる大きな理由はこの2つです。
※最近では安い料金のままショップを展開しているMVNOもあります。

格安SIM(MVNO)に不向きな人とは?

ここまで、格安SIMを使うメリットについて解説してきましたが、この章では格安SIMに不向きな人のタイプを紹介しておきます。参考にしてください。

【格安SIMに不向きな人】
1.初期設定など、スマホ操作は絶対無理な人
格安SIMに乗り換えた場合、スマホの初期設定などは全て自分でしなくてはいけません。MVNO各社の公式サイトに設定方法など動画や文章で詳しく説明はされていて決して難しくはないのですがスマホの操作は絶対無理という方には格安SIMはおすすめできません。

2.スマホ利用が通話メインの人
格安SIMのデメリットに「割高な通話料金」が挙げられます。ですので、スマホ利用が通話重視の人には格安SIMは不向きと言えます。しかし、最近ではUQモバイルや楽天モバイルなどが無料通話付きプランを提供していますので、通話重視の人に格安SIMが不向きだとは一概に言えなくなっています。

3.最新ハイスペック端末にこだわる人
格安SIMが販売している端末は、キャリアのような最新ハイスペックの物は少ないです。やはり、料金を安くするための手段なので仕方ないのですが、どうしても最新スマホが欲しい人には格安SIMは不向きだと言えます。ただし、格安SIMが販売している端末も悪いものではなく、マニアック的な使い方をしなければ日常使いには十分です。

 

格安SIMに不向きな人のタイプを紹介しましたが、最新端末にこだわる人以外は検討の余地はあるのではないでしょうか。メリットとデメリットをよ~く考えてみることが大切です!

【格安SIMが不向きな人まとめ】

・初期設定などスマホ操作は絶対無理な人
・スマホ利用が通話メインの人
※最近は無料通話が付いたプランもあるので状況は変化してます
・端末は最新ハイスペックじゃないと嫌な人

格安SIMが初めての人におすすめMVNO5選!

ここまでご覧いただき、格安SIMの事が少し分かっていただけたと思いますが、初心者が数多くあるMVNOの中からどんな風に選べば良いのですか?という声が聞こえそうですね。

と言うことで、ここでは格安SIM初心者のあなたが選択しても安心して使えるMVNO5社を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイル 

UQモバイルは、テレビCMでもお馴染みなので知らない人の方が少ないと思いますが、その知名度の通り格安SIM初心者には最適なMVNOサービスです。最大の特徴は、データ通信と”5分以内の通話がかけ放題”がセットになった料金プランです。通信速度も格安SIM特有の混雑時の低速化もなく常に快適な高速通信を楽しむことが可能なサービスです。

また、iPhoneをセット販売しており、お手頃な価格で人気のiPhoneを利用することが出来るのもUQモバイルの良いところです。

さらに、UQモバイルでは15日間無料で体験できる「Try UQmobil」という制度があり、自宅や外出先での通信速度を試せたり、実際に使ってみることが出来るようになっています。

楽天モバイル 

楽天モバイルは、国内の格安スマホ(MVNO)契約数No.1のMVNOサービスです。特徴は、楽天モバイルを利用すると楽天市場で買い物をすると楽天ポイントが通常の最大6倍もらえたり、とにかく楽天関連サービスを使う人には最適でお得になっています。

また、料金プランも豊富で、10分以内の通話かけ放題が付いた「スーパーホーダイプラン」と、お好みのデータ通信容量が選べる「組み合わせプラン」があります。あなたの使い方に合わせて好きなプラン選びが出来るようになっています。

取り扱っている回線は、ドコモ回線とau回線があり、ドコモユーザーもauユーザーも乗り換えやすい環境が整っています。さらに、データ容量を使い切ったあとも1Mbpsの通信速度で使える嬉しいサービスが用意されています。

mineo(マイネオ) 

mineo(マイネオ)は、関西電力を親会社に持つMVNOで関西系の企業らしくユニークな独自サービスを展開しています。中でも、mineoユーザーが集うコミュニティーサイト「マイネ王」はminoeに限らず格安スマホの分からないことを質問や回答がしあえるようになっているので初心者の人も安心して使える環境にあります。

また、取り扱っている回線が「ドコモ・au・ソフトバンク」の大手3大キャリア全ての回線に対応しており、使える端末が他社に比べて多くなるので、どのキャリアからでも乗り換えがしやすくなっているのも大きなメリットです。

さらに、余ったデータ容量をmineoユーザー間で分け合える「フリータンク」もあり、とにかくユーザー同士の触れ合いを大切にしているMVNOです。このようなサービスからmineoは顧客満足度調査では常にトップクラスをキープしています。

LINEモバイル 

LINEモバイルを勧める理由は1点。LINEやFacebook・InstagramなどのSNSサービスをデータ消費ゼロで使い放題できることです。

特にLINEは、電話やメールに変わる連絡手段として現在一番使われているツールで、このサービスがデータ容量を気にすることなく使えるのは大きな大きなメリットです。例えば、家族や友人の連絡は全てLINEで大丈夫な人なら月間500円でスマホを使えます。スマホ利用がLINE中心の学生さんなんかには超最適なサービスと言えます。

ワイモバイル

ワイモバイルは、自社回線を持っているのでMVNOではないのですが、テレビCMでも流れているように「イチキュッパ(1,980円)」や「イチヨンパ(1,480円)」など低価格を前面に打ち出しているので紹介をさせていただきます。

また、サービス内容もUQモバイルや楽天モバイルと同じく、全てのプランに10分以内の通話かけ放題が付いているなどMVNOに近い内容になっています。また、ソフトバンクのサブブランドと言うこともあり通信速度が安定的に速く、ストレスを感じることなく使えると高い評価を得ています。

さらに、実店舗(ショップ)を全国各地に展開しており、それこそ格安SIM初心者にはうってつけのサービスとなります。

格安SIMを選ぶ時のポイントとは?

では最後に、格安SIMを選ぶ時のポイントを解説しておきます。

格安SIMを選ぶ際のポイントは色々ありますが、あまり難しく考えすぎないで下記のポイントを押さえておけば大丈夫だと思います。

【格安SIMを選ぶ際のポイント】

◆有名なMVNO・契約者数が多いMVNO
◆サポートが充実しているMVNO
◆あなたが一ヶ月に使うデータ容量を知っておく(プラン選びに重要)
◆通話が必要か不要か(音声通話SIMとデータ通信専用SIMを選ぶのに重要)

 

まとめ

この記事では「格安SIMとは?」から始めて、格安SIMのメリット・安い理由・不向きな人・おすすめMVNO・選び方のポイントを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

このサイトでは、このように格安SIMに関する色々な情報を紹介していきますが、何が何でも格安SIMを勧める訳ではなく、少しでも検討してみようかなと考えている人に向けて不安や悩みが無くなればと思いサイトを作っています。

とにかく、何も知らずに(考えずに)キャリアに割高なスマホ料金をずっと払い続けるのは「節約のチャンス」を逃してしまうことになってしまいます。

最終的にキャリアから格安SIMに乗り換えるかどうかは別にして、一度検討してみる価値は大いにあると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 知られざるスカパー「プロ野球セット」の1試合あたりの観戦料金と魅力!

  • auピタットプランとUQモバイルの比較で分かる失敗しない選び方!

  • 激安WiMAX!支払いが負担にならないプロバイダ2選!

  • 徹底検証!スマモバ新Wifiルーター「FS030W」の実力とは?

  • WX03をガチレビュー!WiMAX最速ルーターの本当の実力とは?

  • 激安!月額2,980円から使えるパソコンとSIMとwifiのお得なセット販売!