意外に知らない?!SIMロック解除の方法とメリット・デメリットを全解説!

2015年5月にスタートした「SIMロック解除の義務化」により、これまでスマホや携帯電話などの購入や利用は、ドコモやau、ソフトバンクの3大キャリアでするのが当たり前だと考えていた私たちに大きな影響を与えました。

具体的には、SIMロック解除が出来るようになったことで、いま使っているキャリアのスマホであってもMVNO(格安SIM)を含め他社SIMカードが使えるようになったほか、海外へ行った時でもわざわざ端末を借りなくても現地対応のSIMカードに挿しかえるだけで使えるようになり通信費を抑えることが可能になりました。

さらに、解除の義務化に伴い数多くのMVNO事業者が格安SIMサービスの提供を始めたことで、キャリアからMVNOに乗り換えれば毎月のスマホ代(通信費)が大幅に削減できるようになりました。

そこで今回は、SIMロック解除で「何が出来て・何が出来ないのか」や「どんなユーザーに向いているのか」、ロック解除の条件や方法などを調べて紹介をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもSIMロックって何?

SIMロック解除の解説に入る前に「そもそもSIMロック」って何なの?です。

今では「SIMロック」や「SIMロック解除」と言うキーワードが当たり前のように使われていますが、意外に知らない方が多いので、そこから解説をしたいと思います。なぜなら、如何にSIMロックが私たちユーザーにとって不利であったかを理解するためです。

【SIMロックとは】

超分かりやすく書きますと、キャリアで販売された端末には、そのキャリアで契約するSIMカードしか使えないと言うことです。

(使える)ドコモの端末+ドコモのSIMカード
(使えない)ドコモ端末+auのSIMカード

つまり、ドコモで買ったスマホに、auのSIMカードを挿しても通話も通信も出来ないと言うことで、ユーザーは「お気に入りのスマホに、お気に入りのSIM(回線)」という選択権がない上に、キャリア3社による申し合わせたような高額料金にも目をつむるしかなかったわけです。

ただ、その反面SIMロックがあることによってキャリアは必ず契約者から毎月高額な通信費が入るので、その代りに「端末実質0円」など端末の大幅な割引をすることが出来たおかげで私たちは手軽にスマホを手に入れることが出来た面もあります。

しかし、2010年に消費者が端末と回線を自由に選べない仕組みを変えるために総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定し、遂に2015年5月にSIMロック解除が義務付けられたのです。

SIMロック解除とは?解除で出来る事・出来なくなる事とは?

SIMロックは前の章で紹介したように「ユーザーを縛り付けておくため」の仕組みでした。そして、SIMロック解除とは”その縛り”を失くし、ユーザーが自由にスマホや回線を選べるようにすることが目的の手段になります。

SIMロック解除はユーザーを自由にしてくれる手段

解除方法については後ほど解説をしますので、ここではSIMロック解除をすることで「出来る事」と「逆に出来なくなる事」をまとめて見ます。これは、メリットやデメリットとも言えますのでSIMロック解除を検討中の方は参考にしてください。

SIMロック解除で出来る事・メリット

☑端末を使い続けることが出来る
これまで、SIMロックがされている端末の場合は、捨てるかWifiを利用してネット専用端末にするかなど、ほとんど使い道がありませんでした。しかし、SIMロック解除が出来ればお気に入りの端末を使い続けることが出来るようになりました。

☑MVNOの格安SIMで通信費を大幅節約が出来る
SIMロック解除の義務化に伴い、多くのMVNO事業者が登場しました。これは、これまでキャリアの高額料金しか知らなかった私たちに大きな衝撃を与えました。

何故なら、SIMカードを挿しかえるだけで毎月のスマホ代が半分どころか、契約プランによってはそれこそ三分の一になってしまうからです。SIMロック解除義務化の最大のメリットでしょう。

☑好きな通信サービスを選ぶことが出来る
先に書いた節約と同じく、多数のMVNO事業者がサービスを展開しているのでユーザーの選択肢が一気に増えました。今では、国内で30社を超えるMVNOがあるので本当に嬉しい環境が整ったと言えます。

☑海外へ行った時も便利にスマホが利用することが出来る
SIMロック解除が出来ると、海外へ行った時も端末そのままで現地の安価なプリペイドSIMカードが使えるので非常に便利です。

☑SIMロック解除しなくても使えるケースがある
”出来ること”から少し外れるかも知れませんが、意外に知らない方もいるので書いておきます。実は、SIMロック解除は乗り換え時に全て必要と言う訳ではなく、単にSIMカードを挿しかえるだけで通話や通信が出来るケースがあります。(下記のようなケース)

●ドコモ➡ドコモ系MVNO(楽天モバイル・BIGLOBEなど)
●au ➡au系MVNO(UQモバイル・mineiなど)

このようなケースは、わざわざロック解除をする必要がないので乗り換えたら速攻でサービスを利用すること可能なため、もし乗り換えるなら一番最初に検討すると良いでしょう。

SIMロック解除で出来なくなる事・デメリット

☑条件を満たさないとロック解除が出来ない
SIMロック解除はキャリアごとに条件が設けられており、その条件を満たさなければ解除が出来ません。また、条件はキャリアごとに違うので確認が必要です。(条件の詳細は解除方法の章で書きます)

☑自由に選択ぢる反面、何事も自己責任で行わないといけない
端末をSIMロック解除して、MVNOなどでサービスを利用する場合はプラン選びや初期設定、利用後のトラブルなど、全て自己責任で調べて、考えて行動することになります。これまで、キャリアで受けてきた手厚いサポートは一切ないと覚悟しないといけません。

ただ、最近のMVNOは”そんなユーザー”のために、ショップを展開したり、電話やチャットサポートなど、キャリアには及びませんがサポート体制はかなり充実してきています。

☑キャリメールが使えない
ロック解除後、MVNOに乗り換えた場合にキャリアメールが使えなくなりますので、Gメールなどのフリーメールを取得する必要があります。ただ最近では、独自のキャリアメールを提供しているMVNOもあるので、メールが気になる方はそれらのサービスを利用すると良いでしょう。

☑契約を解約するタイミングで高額な違約金が発生する
SIMロック解除をすれば、自由に好きな回線をサービスに乗り換えることが出来ますが、その時点での契約を解約しなくてはいけません。その解約のタイミングが悪ければ高額な「解約手数料」や「違約金」を支払う羽目になってしまいます。

以上が、SIMロック解除をしたことにより「出来ること・出来なくなること」です。主にMVNOに乗り換えたケースでの事が中心になりますが、SIMロック解除の目的の多くが通信費の節約と考えると上記のような感じになると思います。

SIMロック解除の条件と失敗しない方法

ここからは、SIMロック解除の条件や解除方法、解除の前にしておくことを紹介しておきます。決して難しくはないので参考にしてみてください。

キャリアごとのSIMロック解除の条件

【ドコモ】
◆2015年5月以降に販売された端末で解除機能を搭載してるもの
◆購入日から100日経過した端末
※ただし、一括購入・分割でも残債のない端末は即時解除が可能
◆既にドコモを解約済みの端末は、解約日から100日経過していない
◆端末代金の支払いが完了している
◆手数料:窓口・電話3,000円、WEBは無料

【au】
◆2015年5月以降に販売された端末で解除機能を搭載してるもの
◆購入日から181日目以降であること
◆端末代金の支払いが完了している
◆手数料:窓口・電話3,000円、WEBは無料

【ソフトバンク】
◆2015年5月以降に販売された端末で解除機能を搭載してるもの
◆購入日から181日目以降であること
◆端末代金の支払いが完了している
◆手数料:窓口・電話3,000円、WEBは無料

購入日から解除が可能な日数がドコモだけが短い以外は、ほぼ同条件でSIMロック解除が出来るようになりますが、窓口で解除すると手数料が掛かるので注意が必要です。

失敗しないSIMロック解除の方法

キャリアごとの解除条件はお分かりいただけたと思いますので、次に解除方法を紹介していきます。方法は3通りありますが、それぞれに違いがあるので参考にしてください。

①ショップ窓口で解除手続きを行う
確実に簡単に解除を行う一番の方法です。機械の操作に自信のない方や、手続きを面倒に感じる方に最適な方法です。しかし、手数料(3,000円)が必要であったり、対応時間に制限があったり(営業時間内のみ)、混雑時には長時間待たされることがあります。

②サポート電話で解除手続きを行う
窓口の次に確実に解除ができる方法です。しかし、2017年7月現在で電話での解除に対応しているのはドコモのみでauとソフトバンクは電話対応はしていません。また、電話で解除した場合も手数料(3,000円)が必要になるのと、ある程度の時間待たされる覚悟は必要になります。

③WEBで解除手続きを行う
3つ目の方法は、各キャリアに設置されている公式サイトから自分で手続きを行う方法です。例えば、ドコモなら「My docomo」から手続きをすることができます。この方法なら、自分の都合に合わせて何時でも手続きが出来ますし、何よりも無料で出来るメリットがあります。ただし、操作に不安のある方には不向きな方法と言えます。

このように、SIMロック解除の方法は3通りですが、一番確実に行うのは窓口での手続きとなりますので、失敗しない方法を選ぶならショップに出向くことです。ただ、必ず様々な引き留めを受け、乗り換えを止める方もいるようなので心してかかりましょう(笑)

どの方法を選ぶにしても、SIMロック解除をすると言うことは「スマホ代の節約」や「自分の好きな回線を選べる」などのメリットを手に入れるためだと言うのを忘れないで欲しいと思いますね。

さて次に、SIMロック解除を行う際の注意点を書いておきます。

SIMロック解除を行う前にしておく事
・端末代を完済しておく
・アドレス帳や画像データなどのバックアップをしておく

端末代の完済はロック解除の必須条件なので当たり前ですが、意外に見落としがちなのが大切なデータのバックアップです。最近は、各MVNOで動作確認機種の案内がありますが、中には動作保証がない機種もありますのでバックアップは必ずしておきましょう。

まとめ

SIMロックが、ユーザーにとって如何に不便で不利なものであったかお分かりいただけたと思いますが、解除の義務化によりスマホを持つ環境が大きく変化しました。

自分の好きな端末、好きな回線を選ぶことが出来るようになり、さらにスマホ代(通信費)が大幅に節約で出来るようになりました。

ですので、SIMロック解除は確かに手続きが必要で面倒な部分はあるにせよ、多くのメリットを手に入れることが可能になったと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加