徹底検証!スマモバ新Wifiルーター「FS030W」の実力とは?

【追記】

ショッキングなニュースが飛び込んできました。2017年6月21日にスマモバが解約手続きに関するトラブルが続発したことで総務省から行政指導受けました・・・。

正直、スマモバを利用しているユーザーとしては残念で仕方ありません。ただ、私はいま現在も普通通りに使えてますので大きな支障はありませんが、何にせよ早期の改善をしてもらいたいものです。

【注意】
現在スマモバは顧客対応強化・商材強化のため一時的に申込みが出来なくなっています。

スマモバのポケットWifiを検討中だけど、何とも型遅れ感のあるルーター「FS020W」が気になって踏み切れないでいませんか?

確かに、実際スマモバ「FS020W」を使っている私が「う~ん、古さを感じる」と思いながら使い続けているのですから、これからスマモバを申込もうかと考えてる人なら尚更そう思うはずです(苦笑・・・でも、使い心地は良いですよ!)

スマモバには「LTE使い放題プラン」「3日間制限なし・月間25GBプラン」「深夜利用がお得なナイトプラン」など選べるプランが豊富なので、Wifi選びの際には必ず候補に挙がるのですが端末が原因で他社のWifiに流れることも多いそうです。(スマモバ営業マン情報だから間違いない)

そんな厳しい顧客獲得戦の中、遂に待望の新端末「FS030W」をリリース!

スマモバ ポケットWifiルーター「FS030W」

では早速、旧型「FS020W」との比較をしながら新端末の実力を検証していきます。
ぜひ参考にしてください!

【関連記事】スマモバの通信エリア・速度などのレビュー記事はコチラ!

FS030WとFS020Wの比較

  FS030W FS020W
サイズ(mm) H74×W74×L17.3 H70.5×W70.5×L16.6
重さ 128g 117g

通信
速度

LTE 下り最大150Mbps/上り50Mbps
3G 42Mbps/5.76Mbps 14.4Mbps/5.76Mbp
連続通信時間 無線LAN 最大20時間 10時間
Bluetooth 最大24時間
連続待受時間
(無線Off時)
約600時間 約340時間
同時接続台数 (無線)15台
(Bluetooth)5台
(USB)1台
(無線)10台
(USB)1台

大きな違いは「連続通信時間の長さ」と「Buletooth接続の有無」の2点。

連続通信時間が長くなったことで、外出先でもバッテリーを気にせず使える安心感が増したと言えますし、併せてBuletooth接続が可能になったことで、より一層長時間使える快適なモバイルWifiとして利用価値が上がったと言えます。

では次に、FS030Wのおすすめポイントを解説していきます。

FS030Wのおすすめポイントと口コミ

ここからは、FS030Wが進化している点をいくつか挙げて、その進化した性能を見ていきたいと思います。

長時間通信に対応

これまでスマモバで販売されていた端末FS020Wの連続使用時間は10時間で、外出先で頻繁に使うユーザーには若干不安視されていましたが、今回のFS030Wはバッテリー容量が2970mAhから3060mAhに増強されたことで連続使用時間が2倍の20時間になりました。

これは、先ほども書いたようにモバイルWifiとしては大きな進化でありメリットになります。仕事やプライベートでも、外出先での利用が安心して行えるからです!

さらに「Bluetooth接続」で利用すれば使用時間が4時間も伸び、まる一日充電せずにつなぎっぱなしでネットを楽しむことができるようになりました!

APN自動設定で操作簡単!

APNが自動設定で利用することが可能なので、パスワード不要でアクセスすることができるようになりました。ですから、スマモバ初心者でも難しい設定をする必要がなく、ルーターが手元に届けばスグに使えます!!

※APN設定とは、簡単にいうと「インターネットにつなぐための一番最初の設定操作」です。

クレードル(オプション)で使い道が広がる!

これまでのFS020Wではクレードルの販売がなかったのですが、FS030Wからはオプションながらクレードルがセット販売される予定です。

クレードルを「ただの充電器でしょ」と言う方がいますが違います!この付属品一つでWifiルーターの使い道が大幅に広がるメリットを持ち合わせているのです!

自宅回線として利用可能!
クレードルを使えば、これまでLANケーブルが必要だったデスクトップパソコンなど、Wifi非対応の端末機器との接続が可能になります!(ルーターモード)

アクセスポイントとして使える!
ブロードバンドルーターと接続してアクセスポイントとして使えば、外出先で使っていたWifi対応機器をそのまま使えるので、毎月の通信制限を気にせず楽しめます!(APモード)

気になる通信速度や通信エリアは「【検証】スマモバの口コミ・評判!ポケットWifiを実際に使って分かった通信制限・通信速度・通信エリア!」のレビュー記事をチェック!

FS030Wの口コミ

こちらは価格ドットコムのFS030Wの口コミになりますが、投稿された日に注目してください。2016年12月27日になるのですが、このFS030Wは投稿日の数日前12月22日に販売されたばかりの端末です。

それが、早々と上記のような高評価の口コミが掲載されると言うことは、なかなか良い感じに仕上がっている端末だと判断することができます。

この口コミにもあるように、やはり「電池の持ち」と「クレードル」についての評価がされているので、先ほど紹介した”おすすめポイント”が裏付けられたことになります。

スマモバの料金プラン

ここからは新発売「FS030W」を使うスマモバのおすすめ料金プランの紹介に行きます!

スマートリッチ25プラン

スマモバ最強プランとして販売されているプランです。特徴は月間のデータ通信容量が25GBまでの制限はあるものの、他のWifiサービスで必ず存在する「3日間の利用容量による通信制限」がありません!

つまり、1日に10GB使っても速度制限を受けることはなく通常通りの高速通信を楽しむことが可能なプランになります。

☑月額利用料金・・・3,980円/月(端末代込)

LTE使い放題プラン

名前通り「月間のデータ通信量が無制限」のプランになります。ただし、コチラのプランはWiMAXやYahooポケットWifiと同じように「3日間3GB制限」があり、利用容量を超えてしまった場合には200Kbpsまで速度が落ちてしまいます。

ただ、スマモバの通信制限(速度制限)の良いところは「制限解除までの時間が非常に短い」ということです。WiMAXなどでは制限を受けると解除されるまでに丸一日かかりますが、スマモバの場合ですと超過した日の深夜0時に解除してもらえます。

先程紹介した「スマートリッチ25」は3日間制限はないけど月間25GBまでしか使えないプランで、使い放題プランは3日間制限があるけど上手く使えば月間約30GB以上使えるプランということになります。

☑月間利用料金・・・3,980円/月(端末代込)

ナイトプラン

このプランは以前に「男の味方!深夜利用に特化したスマモバSIMの「ナイトプラン」とは?」で紹介しましたが深夜利用に特化したプランで、使用は夜中が中心というユーザーには最適でお得なサービス内容です。

簡単に紹介すると、高速LTE通信ができる時間帯を”深夜1時から朝9時まで”に限定することで、時間内は365日使い放題・料金カットを実現した業界初のサービス内容のプランです!

☑月額利用料金・・・2,480円/月(端末代込)

プレミアムプラン

プレミアムプランは、平日の深夜1時から夕方17時までが高速LTE通信が使い放題のプランで、平日の昼に利用頻度が高いビジネスマンや学生さんに最適なサービスになります。

☑月額利用料金・・・2,980円/月(端末代込)

まとめ

今回は、スマモバの新端末「FS030W」について紹介をしてみました。

スマモバのポケットWifiは、ドコモ回線を利用した通信エリアが広いことで高評価を得ていますし、通信速度についても日常使いに全く支障のないレベルの本当に使い易いモバイルWifiです。

しかし、最初に言いましたように使う端末がやや古さを感じる物だったので早く新しい端末が発売されれば良いのにと思っていました。まさか自分の希望が届いたなんて思っていませんが、ようやくの新端末投入に何故か嬉しい感情を抱いてしまう自分に可笑しくなってしまいます(笑)

私はこの新端末に乗換えるかどうかは決めていませんが「FS020W」を仕事やプライベートで実に快適に利用しているので、スマモバを検討中の方に「新端末でもっと快適になるよ」と伝えたくて今回の記事を書きました。

他社には無い内容のプランあり選択肢が豊富、そして新端末の登場ですから検討中の方はぜひ参考にしていただければと思います!

気になる通信エリアや通信速度はコチラで紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加