ポケットWifi対決!スマモバとワイモバイルはどっちがお得?

スマモバワイモバイルの「ポケットWifi」
同じ名称なので同じモバイルWifiと思っている方がいるかも知れませんが、実は使っている回線、通信エリア、端末(ルーター)など全く違うWifiなのです。

mojimaru1475558697

今回は、ポケットWifiを検討中の方に「スマモバのポケットWifi」と「ワイモバイルのポケットWifi」の違いを紹介しながら、どちらがお得でおすすめなのか検証していきます。

スマモバとワイモバイルの最大の違いは通信制限!

スマモバとワイモバイルのポケットWifiで一番の違いは何といっても「通信制限」です!

通信制限は「月間データ通信容量を超えて使ってしまった場合」や「直近3日間で決められたデータ通信容量以上を使った場合」に受けるペナルティで、決められた期間の通信速度が低速になってしまうことです。

今は、モバイルWifi(ポケットWifiやWiMAX)の端末(ルーター)も高性能化が進み、利用する回線(電波)自体も整備(高速化・エリア拡大など)が進んでいますので、実際にWifiを使うのに速度が遅すぎて不便なんてことはほとんどないのですが、この通信制限にかかってしまうとホントにネットが使えない状況になる可能性があるので要注意なのです!!

スマモバの通信制限

スマモバには通信制限がありません!

【追記】
スマモバも回線の増強に伴い、遂に正式に「3日間3GB制限」を発表しました。やや残念なお知らせですが、発表後に3日で4GBほど使用してもスグに速度制限がかかるようなことがありませんでした。(理由は定かではありません・・・)

それから、数日後に「あれっ、これって通信制限」みたいな感じで急に速度が遅くなったのですが、翌日の朝には普通に使えるようになっていたので、やはり通信制限の解除については他のWifiよりも早そうです。

また、回線増強に合わせてか通常時の通信速度に変化が見られました。平均して15Mbpsくらいは安定的に出ていますので速度品質は向上したように感じます。

結果的にいうと「これまでと変わらずスマモバはおすすめできるポケットWifi」という事に落ち着くと思います(笑)

「えっ!」と思うかもしれませんが、「スマモバ」はおそらく現在のモバイルWifiの中で「”ほぼ”完全無制限」の珍しくも嬉しいポケットWifiとなっています。

☑無制限の秘密はコチラでチェック

いかがでしたか?
公式サイトにはデカデカと「使い放題 通信量制限なし」のキャッチコピーが掲載されていたと思いますが、そうなんですスマモバのポケットWifiにはWiMAXであるような通信制限が無いのです。

月間データ通信容量無制限!3日間3GB制限なし!

ですから、基本的にペナルティを受けて通信速度が遅くなるということがありません!

ただ、先程も「”ほぼ”完全無制限」と書いたように全くの完全無制限ではありません。モバイルWifi業界はそれ程甘くはありません(苦笑)やはり、使い方によって若干の通信制限(速度制限)が発生します。

それは、私が実際にスマモバのポケットWifiを使って感じたことを書いたレビュー記事をご覧いただけば分かると思いますが、ある一定期間に一定量以上のデータ通信をした場合に通信制限が発生します。

【追記】
「ある一定期間に一定量以上のデータ通信をした場合に通信制限が発生」という表記だったのですが、加えて「3日間3GB制限」が明記されるようになりました。

詳しくはレビュー記事を見ていただくとして結論を書いておきます。

☑1日に4GB以上を使うと速度制限を受ける!

スマモバのレビュー記事

という事は、WiMAXやワイモバイルのポケットWifiと同じように通信制限があるという事になります。しかし、スマモバの優れているところは下記の2点。

1⃣WiMAXの「3日間3GB制限」に比べて、1日4GB以上を使って初めて制限がかかる。つまり、1日4GBくらいは平気で使えるという事です!ハッキリ言って凄いと思います!

2⃣制限解除までの期間が超早い!これは私の場合ですが、テストで1日4GB以上を使い制限がかかった翌日には普通にネットが楽しめるように回復していました!!

ワイモバイルの通信制限

ワイモバイルのポケットWifiは公式サイトでも掲載されているように通信制限があります。プランにかかわらず設定されたデータ容量を超えた場合、制限が発生してある一定期間の速度が「128Mbps」まで落ち込んでしまいます。

速度制限後の通信速度=128Mbp

この速度は、ハッキリ言ってインターネットを楽しめるスピードではなく、乱暴な言い方をすると「使い物にならないくらいの速度」です。通信エリアも広い、通常時の速度も定評があるワイモバイルの唯一の弱点と言っても過言ではありません。

通信速度制限がかかるケースは下記の通りです。

設定された月間データ通信容量を超えてしまった場合

直近3日間で3GB以上を超えてしまった場合

ほぼWiMAXと同等の通信制限ルールがあり、それを破ると最初に説明したように通信速度が超低速の128Mbpsまで落ち込むことになります。(WiMAXは速度制限がかかっても5~6Mbpをキープ)

ただ、通信制限を回避する方法はあります。WiFiプラン2に限りますが「アドバンスオプション」を利用してアドバンスモードで通信を行えば、設定データ容量(7GB/月)を超えても高速通信が継続できるオプションサービス利用する方法です。

しかし、オプションサービスなので基本料金以外に月額1,684円が必要になり、コスト面で考えると余りおすすめできない方法です。

※お得情報※

「アドバンスオプション割引」を適用すれば、通常金額1,684円から毎月1,000円割引されて、684円でオプションサービスが受けられます!!

さらに、現在「アドバンスオプション6ヶ月無料キャンペーン」も実施されているので、ワイモバイルのポケットWifiが欲しい方はチャンスです!!

スマモバとワイモバイルの通信回線と通信エリアの比較

ポケットWifiやWiMAXなどのモバイルWifiを選ぶ際に重要なのは「つながりやすさ」「つながる範囲(通信エリア)」です。いくら最新技術が搭載された端末(ルーター)で高速通信が可能と言っても、使う場所でネットにつながらないのであれば意味がありません。

そこで、気になるのがスマモバとワイモバイルの「つながりやすさ」と「通信エリア」ですが、結論から申し上げますとスマモバもワイモバイルもエリアで心配する必要はありません。

また、つながりやすさについてもエリア同様に心配無用!どちらも最新の通信技術を用いることで安定したデータ通信が可能になっているからです!!

スマモバの通信回線と通信エリア

スマモバのポケットWifiが使っている回線はドコモのLTE回線です。ご存知の通り、ドコモのLTE回線は日本で一番通信エリアが広いことで知られていますし実際に定評があります。

その日本一の通信回線を利用しているのがスマモバのポケットWifiですから、当たり前ですが日本全国の広い範囲でインターネットを楽しめることができます。

エリアの広さに定評があるのに加えて「つながりやすさ」と言う点でも、最新の通信技術が採用されていますので安定した通信が可能になっています。

あまり難しい電波の事を紹介しても理解しにくいと思いますので簡単にスマモバの通信技術を紹介しておきます。

スマモバのポケットWifiに用いられる通信技術(つながりやすい理由)は、4種類の電波(周波数)を組み合わせて全国津々浦々に発信することで、超ワイドで安定したデータ通信が可能になっているのです。この4つの電波を組み合わせて飛ばす技術を「クワッドバンド」と言います。

要するに、スピードを追求した電波と、広く遠くに飛ばすことに追求した電波を組み合わせた最強の電波を使うことが出来るのがスマモバのポケットWifiということになります!!

この通信エリアの広さについては、実際にスマモバのポケットWifiを使っている私も非常に大きな恩恵を受けています。一つ例に出すと、出張先の島根県の隠岐の島でも平気で電波がつながり仕事がスムーズにこなせています。(併用しているWiMAXではちょっとキツイ・・・)

☑スマモバのポケットWifiは「ワイドエリア+安定データ通信」です!!

ワイモバイルの通信回線と通信エリア

ワイモバイルが提供している回線は、ワイモバイル自社回線とソフトバンク回線の2つ。これだけで、通信エリアが広いってことが分かると思いますが実際にネット上の口コミや評判を見ていてもそれを裏付けるものが非常に多いです。

さらに、ワイモバイルは通信技術が半端なく最新のものが使われているので、広い通信エリアだけでなく通信速度も高評価を得ています!

最新技術の採用については、端末(ルーター)によって若干の違いはありますが、一番人気の「504HW」では、飛んでる電波を束ねて拾ったり、基地局と端末にアンテナをたくさん搭載して電波を根こそぎ拾う技術が搭載されているので広範囲でしかも高速通信が可能になっているのです!

☑電波を束ねる技術=「キャリアアグリケーション」

☑アンテナを複数立てて電波を拾う技術=「4×4MIMO」

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%80%80%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%8a%80%e8%a1%93

スマモバとワイモバイルの料金プランと契約期間の比較

ポケットWifiを使う上で最も気になるのが料金のことです。毎月毎月お金を支払うことになるのでその金額はバカにならないからです。

また、ポケットWifiに限らずWiMAXなどのモバイルWifiには必ず契約期間が設定されています。契約期間中に解約をすれば当然解約金も発生しますので、気を付けないといけないポイントになります。

スマモバの料金プランと契約期間

【料金プラン】

スマモバのポケットWifiの料金プランは超シンプル!1つしかありません(笑)

☑LTE使い放題プラン・・・3,980円/月

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%a2%e3%83%90%e6%96%99%e9%87%91

これだけです。WiMAXのようにデータ容量無制限の「ギガ放題プラン」や月間7GBまで使える「通常プラン」みたいには分かれていません。と言うか「使い放題」なので分ける必要がないんですね(笑)

この月額3,980円の内訳は下記の通り。

◇月額基本料金・・・3,480円

◇端末代金(36回)・・・1,500円

◇端末同時割引(36回)・・・-1,000円

オプションなどの追加料金もなく分かりやすくて、使い放題の割に低価格でユーザーに優しいコスパメリットが良好な料金になっていると思います。

【契約期間】

スマモバポケットWifiの契約期間は2年間。この契約期間はWiMAXと同じで特別ではありません。が、一つだけ注意点があります!

端末代金の支払い回数です!上記の通り基本契約期間は2年間になっているのですが、どういう訳か端末代金の支払いだけ36回・・・つまり3年間となっていて、もし2年間使ってスグに解約をした場合は残金を一括で支払わないといけなくなります。この点については、スマモバの唯一のデメリットと言えるかも知れません。

ワイモバイルの料金プランと契約期間

【料金プラン】

ワイモバイルポケットWifiの料金プランは下記の4つ。利用する端末(ルーター)によって選べるプランが限定されているのが特徴です。

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3

例えば、最新の通信技術を搭載した端末「504HW」を使いたいと思えば、プランは必然的に「PocketWiFiプラン2」という事になります。

つまり、選べるプランが4つあるメリットはあるけど、端末が選べないデメリットがある、そんな感じのワイモバイルの料金プランとなっています。

それぞれの料金プランの特徴は公式サイトで確認していただくとして、分かりやすく超簡単に説明しますと下記のようになるので覚えておいてください。

☑WiFiプラン2・WiFiプランL

月間データ容量7GBまで使えて、アドバンスオプション利用で無制限になる。

☑WiFiプラン2ライト・WiFiプランSS

月間データ容量5GBまで使える。

あとは、それぞれのプランで適用されるお得なキャンペーンの違いや、利用できるオプションの違いなどがありますので、選ぶ際は好みで選べばOKです!

【契約期間】

ワイモバイルの契約期間は3年間です。この契約期間のことがデメリットとして取り上げられていますが、それはユーザーの受け止め方の違いでどのようにも変わるはずです。

確かに、通信技術などは日進月歩で進化を続けると思いますが、かと言って今購入した端末が3年の間にスグ使い物にならないなんてことは絶対にありません。

通信速度にしても、確かに今後はもっと高速化が進むでしょうが実際にポケットWifiを使う場面での違いはそれ程感じることはないと思います(それは今も同じです)。

スマモバとワイモバイルのショップ(実店舗)の比較

ポケットWifiやWiMAX、格安スマホなどの通信系サービスの特徴として、料金を安くする代わりにショップ(実店舗)は持たない(人件費などを抑えるため)というのがあります。

確かに、最近は子供のころからPCやインターネットに慣れ親しんでいるのでWebから申込んで購入する事には抵抗は少ないと思います。しかし、万が一のトラブルやイレギュラーが発生した場合は、やはりキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のようにショップ(実店舗)があれば助かりますし、シニア層の方も安心して契約することができます。

ここでは、スマモバとワイモバイルのショップ(実店舗)について比較をしてみたいと思います。ご覧いただけば分かりますが、ユーザーには嬉しい内容ですから参考にしてください。

スマモバのショップ(実店舗)

スマモバはポケットWifiの他に、格安SIMの販売もしていますがやはりメインの販売ルートはWebになります。しかし、通信系企業としては後発組のスマモバはそれまでユーザーから要望が多かったショップ(実店舗)を展開することにも注力をしており、現在全国各地に約700店舗のショップを展開しています。

また、大型商業施設などの特設ブースを加えると約1000店を超えるショップをだしており、ユーザーからは好評を得ています!!今後も、ショップ数を増やす計画もあるようで今後も安心して使える環境が整ってくると思われます。

ワイモバイルのショップ(実店舗)

ワイモバイルのショップは全国に約1000店舗。みなさんも一度は赤字に白抜きの「Y!」の看板を見たことがあるのではないでしょうか。

スマモバと同じく今後もショップは増加していく見込みなので、トラブル発生時やWiFi初心者にも安心して使える環境が整ってくると思います。

******************************************

スマモバとワイモバイルのショップ(実店舗)を紹介しましたが、申込みや購入はオンラインショップ(Web申込み)を使う事をおすすめします!!

なぜなら、オンラインショップの方が何かにつけてお得なことが多いからです。例えば、Webページ限定のキャンペーンやキャッシュバックなど、実店舗では受けられない特典が数多くあります。

☑申込み購入は「オンラインショップ」

☑トラブル発生時などは「実店舗」

といった具合に使い分けることがポケットWifiを、よりお得に使うコツになります!!

スマモバオンラインショップはコチラ!

ワイモバイルオンラインストアはコチラ!

違いで分かるスマモバとワイモバイルの選び方!

スマモバとワイモバイルのポケットWifiの比較をして違いを紹介しましたが、では最終的にどちらがおすすめなのかを最後にまとめてみたいと思います。

どちらのポケットWifiも、メリット(良いところ)・デメリット(悪いところ)があるのは当然で、あとはユーザーのポケットWifiの使い方や使う場所などで選択すればいいと思います。

ただ、それでは無責任なまとめ方とお叱りを受けそうなので、ユーザーのタイプ別で簡単に分かりやすくおすすめポイントを紹介しておきます。参考にしてみてください!!

スマモバがおすすめなユーザー!

☑ネットをバンバン楽しみたいヘビーユーザー!

☑地方への出張が多いビジネスマン!

☑一人暮らしで固定回線はもったいないと感じてるユーザー!

☑通信費を節約しながらデータ容量を思い切り使いたいユーザー!

☑ポケットWifi初心者のユーザー!

☑女性ユーザー!なぜならスマモバユーザーの約60%が女性だから!!

☑ややこしいプランは必要ないユーザー!

☑端末(ルーター)1台を複数人数で使いたいユーザー!

☑吉木りさのファンの方!(笑)

スマモバポケットWifiのお申込みはコチラ

ワイモバイルがおすすめなユーザー!

☑月にデータ通信容量が7GBで収まるユーザー!それなら高速通信が楽しめる!

☑通信費を大幅に節約したいユーザー!月額2,480円でポケットWifiが使えるから!

☑最新技術搭載の端末(ルーター)を使いたいユーザー!

☑アウトドア好きなユーザー!田舎や山間部、海岸沿いもつながる!

☑有名メーカーのサービスが安心と思うユーザー!

☑ショップが近所にある方が安心できるユーザー!

☑桐谷美鈴ファンのユーザー(笑)

ワイモバイルポケットWifiのお申込みはコチラ

まとめ

この記事では、スマモバとワイモバイルのポケットWifiを比較して紹介しましたが、私個人の意見としては実際に使っているスマモバポケットWifiがおすすめです!

理由は、何よりもデータ通信容量を使いたいだけ使えることと、持ち歩いて全国各所で安定してつながることは非常に大きなメリットだからです!

さらに、WiMAXやワイモバイルのような「3日間3GB制限」がないことも魅力です。完全無制限ではないにしろ「1日に4GB程度使える」のも嬉しいメリットとなります。

これは、私個人の感想・意見ですから記事をご覧いただき参考にしていただければ幸いですし、ご自分に合ったポケットWifiをゲットできればと思います!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加