口座振替も可能!UQモバイルの料金と特徴、乗り換え方法・手順を解説

UQモバイルは、au回線を利用する、auのサブブランドとして人気のあるMVNOで、テレビコマーシャルも毎日のように流れているので知らない人はいないのではと言うくらいです。また、話題性のさることながらサービス品質の評判も良く、ワイモバイルに次いで契約件数が多いサービスです。

人気の理由は色々ありますが、一番の人気の理由は「通話料金とパケット代がコミコミになった格安料金」です。格安スマホにありがちな通話料金の不安も解消された料金プランで、通話重視のユーザーからも支持されています。

さらに、キャリアのように家族割りなどのオプションも豊富で、家族そろってキャリアから乗り換える方が多いのも特徴です。

そこで今回は、そんな人気のUQモバイルを徹底的に解剖して、料金やそれ以外のサービス内容を検証してみたいと思います。キャリアからUQモバイルに乗り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイルの料金と特徴

ここでは、UQモバイルの料金プランなど詳細を解説していきます。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランで有名なのが、テレビCMでもお馴染みの通話料金とパケット代がコミコミになった「月額1,980円~」のプランです。正直、深田恭子・多部未華子・永野芽郁の三姉妹コマーシャルは強烈なので一度見ると忘れないですよね(苦笑)

しかし、UQモバイルの料金プランはコミコミ料金だけではなく、データ専用プランやデータ無制限プランなど選べるプランがあります。

おしゃべりプラン&ぴったりプラン

テレビCMでお馴染みのコミコミ料金のプランです。「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」は通話の設定時間が異なっています。

  プランS プランM プランL
月額料金
(上段:1年目・下段:2年目)

1,980円/月

2,980円/月

2,980円/月

3,980円/月

4,980円/月

5,980円/月

データ容量 2GB/月 6GB/月 14GB/月
通話 ぴったりプラン 無料通話
最大60分/月
無料通話
最大120分/月
無料通話
最大180分/月
おしゃべりプラン 5分以内の国内通話がかけ放題
※直近3日間で6GBを超えると通信制限(速度制限)あり

キャリアから格安スマホに乗り換えを検討中の方なら、上の料金表を見ると分かると思いますがワイモバイルの料金プランとほとんど同じ内容でワイモバイルを強烈に意識しているのが分かります。

やはり、この2つのプランは格安スマホの弱点である「通話料金の高さ」をクリアしていることが最大の特徴で通話重視(通話の多い方)の方も安心して利用できます。

その他の料金プラン

コミコミプランの陰に隠れてあまり知られていませんが、UQモバイルにはそれ以外に4つのプランが用意されています。

  月額基本料金 通信速度 通話料 最低利用期間
データ高速プラン 980円/月 ・月間データ容量
3GB

・受信最大
225Mbps
・送信最大
25Mbps
・3GBを超えた場合は送受信最大200Kbps
なし
データ高速+
音声通話プラン
1,680円/月 20円/30秒 12ヶ月
データ無制限プラン 1,980円/月

・月間データ容量
無制限

・送受信最大
500Kbps

なし
データ無制限+
音声通話プラン
2,680円/月 20円/30秒 12ヶ月
※直近3日間で6GBを超えると通信制限(速度制限)あり

MVNO他社に比べるとプラン数が少なく正直言ってあまりお得ではない感があります。ただ、通信速度をあまり気にせず、データ容量が目一杯使いたい方には無制限プランが良いのかなと言う感じです。

このプランを見ると、UQモバイルが如何にコミコミプランを押しているのかが分かりますし、やはり魅力なんだなと思います。

口座振替もスタート!UQモバイルの支払方法

MVNOの支払方法の多くはクレジットカード支払いのみですが、UQモバイルは口座振替での支払いも可能になっています(2017年9月スタート)

 

事情でクレジットカードが持てない方や、支払いにクレジットカードを使いたくない方には嬉しいサービス開始になります。また、通常は口座振替の場合、振替手数料が発生するのですがUQモバイルは手数料が無料になっています。有難いですね。

※口座振替は登録に約2ヶ月かかるので、1回目と2回目の支払いはコンビニ支払いなどの支払い用紙が送られてきますので、その2回だけは200円の手数料が必要です。

また、ネット上で話題に上がるデビットカードでの申込みですが、基本的には使用できないとなっています(カスタマーサポートに確認済)

UQモバイルの通信エリアと通信速度

UQモバイルは、au回線を利用したMVNOですから通信エリアはauの「4GLTEエリア」と同じです。つまり、人口カバー率99%超ですので国内の人が住んでいる所のほとんどで繋がると言うことになります。

また通信速度についても、格安スマホの中でもUQモバイルは安定した高速通信ができると高評価を得ており、実際に各調査会社の速度テストでも常にトップレベルのスピードを出しています(下記表を参照)

この表は、MMD研究所が行った格安SIM・格安スマホの通信速度調査の結果から6社を抜粋したものです。

次の表は、ITC総研と言う会社が定期的に実施している速度調査の結果になります。2つの表を見て分かるようにUQモバイルは常に安定した高速通信をキープしています。

ただし、注意点もあります。それは、MVNOの特徴と言えますが回線の混雑時にはどうしても速度低下の減少が見られます。しかし、WEBサイトの読み込みが出来ないほどではないので少し我慢すれば良い程度になっています。

UQモバイルの販売端末

2017年9月現在、UQモバイルではiPhoneSE・iPhone5Sの他に16機種が販売されています。流石にキャリアが取り扱うような最新ハイスペック機種はありませんが、スマホ人気ランキングでトップ10に入っている「HUAWEI P10 」などや、防水防塵対応の「AQUOS(SHARP)」「arrows(FUJITSU」など国産スマホが販売されています。

また、日本で一番利用されているスマホiPhoneもSEと5Sが販売されているほか、iPhone6なども動作確認済端末として使えるので、iPhoneを格安で使えるようになっています。

➤UQモバイルの端末チェックはコチラをクリック

UQモバイルのショップとサポート

UQモバイルのショップは2017年9月21日現在、即日開通可能な店舗が全国各地に2791店舗まで拡大しています。2か月前の5月1日では2414店舗だったので、かなり速いペースで店舗展開されていることが分かります。

UQモバイルのショップには、UQスポットと取扱提携店の2種類があります。UQスポットは直営店のような店舗で、提携店は家電量販店や携帯販売店、イトーヨーカ堂などのスーパーや流通店舗になります。

ショップでは、新規申込み・MNP申込み、機種変更や契約プラン変更などの対応をしています。また、修理を受け付けるショップもあるのでキャリアとまではいきませんが、想像以上に手厚いサポートが受けられる環境になりつつあります。

サポートについては、流石にキャリアレベルではありませんが、電話やメールでサポートを行っています。ただ、スマホ初心者や取り扱いに不慣れな方には若干物足りなさを感じるかも知れません。

UQモバイルの豊富なオプション+家族割

UQモバイルには多くのオプションが用意されています。スマホ初心者向けや端末補償など、MVNO他社に比べ充実した内容になっています。最近では、いくつかのオプションサービスをまとめたパックオプションもあるので上手く活用すればお得に利用することが出来ます。

また、UQモバイルではキャリアメールオプションがあり、格安スマホの弱点「キャリアメールがもらえない」をクリアしています。

さらに、オプションではありませんが家族割サービスをあり、2回線目以降の月額料金が毎月500円割引きされます。

➤UQモバイルのオプションチェックはコチラをクリック

UQモバイルのお得なサービス

UQモバイルは、通話料とパケット代がコミコミになったプランが話題になり人気を集めていますが、実はもっと細かい部分でユーザーが納得するようなサービスがたくさんあります。ここでは、それを紹介します。

データ消費ゼロ

UQモバイルでは、送受信最大300Kbpsの節約モードにするとFacebookやTwitterなどのSNS、音楽ストリーミングなどがデータ容量消費ゼロになるのでデータ容量を気にせず楽しめます。

便利で人気の11個のアプリが無料で使える

おしゃべりプラン・ぴったりプランに加入することが条件になりますが、便利な人気アプリ11個が無料で使えます。具体的には、セキュリティアプリ・乗り換え案内アプリ・おしゃべり翻訳アプリなどが無料です。

余ったデータ容量は翌月に繰越し

余ったデータ容量を翌月に繰越して使うことが出来ます。

憶えておきたい契約解除料(違約金)

UQモバイルに乗り換えたけど気に入らなくて解約をする場合、解約時期により解除料(違約金)9,500円が発生します。違約金が発生する時期は、プランによって違いがありますが最低利用期間内に解約をすると発生します。

UQモバイルに乗り換える方法と手順

ここからは、キャリアやMVNO他社からUQモバイルに乗り換えるタイミングや方法・手順を解説していきます。

1⃣SIMカードのみ・端末セットを選択

いま使っているスマホを、そのまま使うか、もしくはUQモバイルで新たに端末を購入するかを選びます。新たに購入するなら機種を選ぶだけですが、今のスマホを使い続けるならUQモバイル「動作確認済端末」で自分のスマホが使えるか確認します。

合わせて、SIMロック解除が必要かどうかも確認しておきます。解除不要ならSIMカードを挿しかえるだけでスグに使えます。※SIMロック解除をするにはキャリアで定められた条件をクリアする必要があります。

2⃣新規契約かMNP契約

いま使っている電話番号をそのまま使うか、もしくは新しい電話番号で契約するかを選択します。MNPは電話番号がそのまま使えますが、MNP予約番号を取得するなどの手続きが必要なので早めに準備をしておきましょう。(※MNP予約番号には有効期限があるので要注意)

3⃣料金プランと支払方法の選択

先程も料金プランの紹介をしましたが、その中からあなたに合ったプランを選択します。支払方法は簡単で素早く契約を完了したいならクレジットカード支払いを選択しましょう。ただ、事情でクレジットカードが持てない方や、使いたくない方は少々時間がかかりますが口座振替での支払いを選択しましょう。

4⃣乗り換えのタイミング

乗り換えに一番良いタイミングは契約解除料(違約金)が掛からない「更新期間」になります。例えば、2015年9月に契約したauからUQモバイルに乗り換える場合なら、2017年10月・11月の2ヶ月間に乗り換えれば違約金が掛かりません。

更新期間はキャリア各社・MVNO各社により違いがありますので確認してみましょう。ただし、キャリアから乗り換える場合は契約期間内に乗り換えても毎月のスマホ代が大幅に節約できるので違約金を払っても乗り換える方がお得になるケースもあります。

まとめ

今回は、いま話題のUQモバイルに乗り換えを検討中の方に料金プランなど、サービスの詳細を調べて紹介をしてみました。少しは参考になりましたでしょうか。

調べてみて感じたことですが、UQモバイルは料金体系やサービスがキャリアに近く、新しいサービスの格安スマホに何となく不安を持っていたのがスッと消えるように思えました。

やっぱり、auのサブブランドと言うので他のMVNOとはかなり差別化がされていることがハッキリしていると思いました。意外にスマホ初心者でも、スンナリ使えるサービスなのかも知れませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加