比較で分かる!ワイモバイルとUQモバイルの格安スマホどっちがお得?

一日一度は目にするくらいバンバンCMが流れているので知らない人はいないと言うくらい認知度がアップしている格安スマホが下記の2社。

「UQモバイル」「ワイモバイル」

 

それぞれ、テレビCMで人気女優を起用したり、通話もネットもコミコミ月額1,980円というキャッチコピーが同じだったりと何かと対抗意識がハンパなく感じられる両社ですが、スマホ代を節約したい方には気になる存在です。

そこで今回は、似たようなプランや料金を提供している両社を比較して”どちらがお得”なのかを検証してみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください!

月額料金とサービス内容の違いを比較

テレビCMでもお馴染みですが、UQモバイルもワイモバイルも「通話もネットもコミコミで月額1,980円」というのが最大の売りで、UQモバイルは「イチキュッパ」、ワイモバイルは「ワンキュッパ」のキャッチフレーズで人気を集めています。

そこで、ここでは「UQモバイル」と「ワイモバイル」の同じ月額料金ながらサービス内容が微妙に違っていることに焦点を当てながら比較検証をしてみたいと思います。

【UQモバイルの料金プラン詳細】

  プランS プランM プランL
月額基本料金 1年目:1,980円/月
2年目:2,980円/月
1年目:2,980円/月
2年目:3,980円/月
1年目:4,980円/月
2年目:5,980円/月
データ容量 2GB/月 6GB/月 14GB/月

無料通話

ぴったりプラン
60分/月
ぴったりプラン
120分/月
ぴったりプラン
180分/月
おしゃべりプラン
5分以内の通話かけ放題

【ワイモバイルの料金プラン詳細】

  プランS プランM プランL
月額基本料金 1年目:1,980円/月
2年目:2,980円/月
1年目:2,980円/月
2年目:3,980円/月
1年目:4,980円/月
2年目:5,980円/月
データ容量 2GB/月 6GB/月 14GB/月
無料通話

10分以内の通話かけ放題

※オプション「スーパーだれとでも定額」1,000円/月
を申込めば時間回数無制限でかけ放題

ご覧の通り、基本料金・月間データ容量が同じですが唯一の違いは「無料通話」にあります。

ワイモバイルが2017年2月から「1回10分以内の通話はかけ放題」をスタートさせ、UQモバイルだけでなく格安スマホ各社(MVNO)との差別化を明確にしました。

それに対して、UQモバイルは「1回5分以内かけ放題 おしゃべりプラン」を追加、また「ぴったりプラン」を細分化して残すことで一歩リードした感のあるワイモバイルに対抗する形で新プランをスタートさせています。

このことから、基本料金やデータ容量が全く同じの両者のどちらを選べば良いのかという基準は、ユーザーの1回当たりの通話時間が重要になってきますので、この時点でどちらかを選ぶなら下記のようになります。

☑1回当たりの通話時間が短いユーザー➡UQモバイル

☑1回当たりの通話時間が長いユーザー➡ワイモバイル

通信回線・通信速度・通信エリアの比較

では次に両社の「通信回線」「通信速度」「通信エリア」について比較検証をしてみたいと思います。すべて実際に使う上で重要なポイントになりますので参考にしていただきたいと思います。

  UQモバイル ワイモバイル
通信回線 au(4G LTE) ワイモバイル+ソフトバンク
通信速度 下記別表を参照
通信エリア 人口カバー率99%超 人口カバー率99%超
備考 ※都市部に限らず地方都市などでの繋がりやすさには定評があります。 ※ワイモバイル独自回線に加えてソフトバンク回線が使えるのが強み

両社とも、都市部でも地方都市などでも問題なく繋がる回線を使用しているので安心して使うことが可能です。特にワイモバイルの方は独自回線に加えてソフトバンク回線が使える強みがあります。

さて、次はユーザーさんが一番気になるポイント「通信速度」ですが、こちらは公式サイトに記載されている数値を書くよりも第三者機関が実際に速度測定を行った結果を載せる方が説得力もあるので下記に別表を用意しました。


※出典:ICT総研

上記の表は、2016年12月にICT総研が各所で行った格安スマホの通信速度実測調査の結果になります。調査方法などは下記の内容で行われています。

実際にユーザーが利用する機会の多い地点での比較とすべく、東京、大阪、名古屋の主要な「待ち合わせ場所」 各40地点 合計120地点を測定地点とし、ワイモバイル、楽天モバイル、UQ mobile、mineo、OCNモバイルONEの5社(5ブランド)を調査対象とした。この5社は、当社にて 「格安スマートフォンとして思い浮かべる事業者(ブランド)」(自由記述方式)および「格安スマホ購入検討意向」についてWebアンケートを実施した結果、上位となった5社である。

※引用:ICT総研

また、他の調査では下記結果が報告されていて、そこではUQモバイルの通信速度が優れたものであることが証明されています。

 
※MMD研究所「2016年格安SIMサービス通信速度調査」

MMD研究所の調査にはワイモバイルは含まれておらず比較にはなりませんが、どちらにしても結果を見て分かるように「UQモバイル」「ワイモバイル」共に、さまざまな場所で高速通信が可能になっています。つまり、通信速度や通信エリアからはどちらを選んでも問題はないということです。

キャンペーンなどサービス比較

ここまで「月額料金」や「通信速度・通信エリア」などで比較をしてきましたが、ここでは料金や通信品質以外のキャンペーンなどのサービス内容を比較検証してみたいと思います。

UQモバイル ワイモバイル
◆UQ学割
18歳以下なら2年間1,980円/月

◆ヤング割
18歳以下なら14か月目から12ヶ月間に限り基本料金から最大1,000円割引

◆新生活応援セール
話題の最新スマホが最大10,000円値引き

◆Tポイント10倍キャンペーン
対象期間中にYahooショッピング・LOHACOで買い物をするとTポイントが10倍になります

◆スマホデビュー応援キャンペーン
初期設定サポートなどのサポートと、子供のためのセキュリティオプションが最大3ヶ月無料
◆家族割がある!
家族みんなで加入すると2回線目から月々500円の割引
◆15日間無料お試し!
契約する前に実際に使ってみたいユーザーにおすすめ
◆全国にショップを展開
全国に1,000店を展開!
◆節約モード
送受信を最大300Kbpsに抑えることで、SNA利用時のデータ消費をゼロに!
◆ヤフー連携サービス
Yahoo!の各種サービスがお得に使える!
◆人気アプリ11個が無料!
セキュリティ・乗換案内・地図マピオンなど11種類のアプリが無料!
 

以上が、両社の主だったキャンペーンやサービスなどになります。それぞれに特色がありますがスマホが初めての方にむけたサポートサービスが充実していることが分かります。

注目すべきサービスは「UQモバイルの節約モード」です。このモードを使えば「Twitter・Facebook」など主要SNSがデータ消費ゼロになりデータ容量を気にすることなく楽しめるのは、SNS利用者が激増する中で大きなメリットと言えるサービスです。

☑SNSをよく使うユーザー➡UQモバイル

この他にも、両社とも有料オプションなども充実していますので契約時に自分に必要と感じるサービスを選択すればキャリアと同等のサービスが受けられ快適なスマホライフを楽しめるのは間違いありません。

セット販売されてるスマホ端末の比較

UQモバイルもワイモバイルもセット販売されているスマホの種類は超豊富です。しかも、最新ハイスペックの機種も盛り込まれるなど、いまや格安スマホはキャリア以上に優れた機種をバンバン販売する時代になっています!!

では、両社の2017年2月現在で販売されているスマホの一覧を紹介します。

【UQモバイル】
・iPhone 5S(16G)
・DIGNO W(3月上旬発売予定)
・DIGNO Phone(3月下旬発売予定)
・BLADE V770(2月下旬発売予定)
・ZenFone 3 Ultra
・ZenFone 3 Laser
・P9 lite PREMIUM
・Alcatel IDOL4
・AQUOS L
・Alcatel SHINE LITE
・ZenFone 3 Deluxe
・ZenFone 3
・LG X screen
・ZenFone 2 Laser
・ZenFone GO
・DIGNO L
・arrows M03

【ワイモバイル】
・iPhone 5S(32G)
・Android One S1
・Android One S2
・Android One 507SH
・Nexus 6P
・DIGNO E
・AQUOS  CRYSTAL Y2
・Nexus 5X
・LUMIERE
・AQUOS Xx-Y
・AQUOS  CRYSTAL Y
・DIGNO C
・Spray
・Nexus 6
・DIGNO T
・Nexus 5

※iPhone 5S(16G)が販売終了になっています(残念)

このように、最新ハイスペックスマホから、使いやすさを追求してロングセラーになっているようなスマホまで幅広く提供されているので自分のスマホを使うシーンに合わせたチョイスが出来るようになっています!

また、両社とも日本で一番人気のスマホ「iPhone」がラインナップされている点もユーザーにとって嬉しいことです。「iPhone 5S」は3世代前の端末になりますが使いやすさや日本人の手の大きさにフィットするサイズ、最新「iPhone 7」に劣らない性能などで、今なお人気の高い機種ですが、その人気端末が両社とも格安で使うことができるのです!!

ただ、敢えて優劣を付けるならUQモバイルの方がハイスペックモデルが多く、ワイモバイルはミドルスペックの端末が多いことから、最新端末を持ちたい方にはUQモバイルの方がおすすめでということになります。

iPhone5Sを購入した場合の料金比較

現在(2017年2月)、ワイモバイルではiPhone 5Sの32Gを、UQモバイルではiPhone 5Sの16Gを販売していますが端末の実質負担額は共に100円になっています。

  UQモバイル ワイモバイル
機種 iPhone 5S(16G) iPhone 5S(32G)
契約プラン ぴったりプラン スマホプランS
データ容量 2GB/月 2GB/月
月額料金 1年目:1,980円/月
2年目:2,980円/月
1年目:1,980円/月
2年目:2,980円/月
端末代金(実質負担) 100円 100円

このように人気のiPhone5Sが両社とも実質100円で購入することが可能です。ただし、UQモバイルの方は16Gモデルのみの販売なのでストレージ容量がたくさん欲しい方には少し物足りないかも知れません。

どちらにしても、以前なら10万円前後が必要だったiPhoneが”たった100円”で買うことが出来て、しかも月々の料金が1,980円(1年間)というのは販売開始当時から考えるとあり得ない金額だといえます!!

まとめ

今回は、テレビCMでお馴染みの人気格安スマホ(MVNO)「UQモバイル」と「ワイモバイル」の比較をしてみました。

結果的に”どちらがお得”かというのは、実は使われるユーザーさんの使い方や好みで変わるのでココでは絶対のコチラがお得とは言いませんが、簡単にユーザーさんのタイプ別で下記のように分けてみました。

【UQモバイルがおすすめなユーザー】
☑安定した高速通信でスマホを使いたい方
☑SNSを堪能したい方
☑通話時間が短い方(1回5分以内)
☑最新ハイスペック端末が欲しい方

【ワイモバイルがおすすめなユーザー】
☑1回当たりの通話時間が長い方
☑格安料金+かけ放題でスマホを使いたい方
☑店舗で直接サポートが必要な方
☑ヤフオクなどYahoo!サービスをよく使う方

こんな感じでの紹介になりますが、両社とも優劣が付け難いくらいサービス品質は拮抗しています。また、これまでも常に新しいサービス提供に力を入れている両社ですので、今後の進化も楽しみなところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加