3日10GBへ!UQWiMAX速度制限緩和のメリット・デメリットとは?

2017年2月2日より「3日間で10GBへ大幅緩和!」

2016年もあと僅かとなった12月22日に、UQWiMAXから通信制限の大幅緩和についての発表が行われました。これまでの「3日間3GB制限」を「3日間10GB」と大幅に緩和をして理論上では月間データ容量が約100GBまで使えるようになりました。

さらに、制限後の速度制限についても、これまで終日(制限後1日間)だった制限時間を、約1/3にする見直しが行われています。

この緩和は、利用者の利便性向上とネットワーク利用の公平性確保の観点から行われたと発表されていますが、それ以外にも最近のキャリア大容量プランへの対抗策として打ち出されたことは容易にうかがえます。

そこで今回は、このUQWiMAX「通信制限・速度制限の大幅緩和」の内容を見ながら、ユーザーに与えるメリットやデメリットを検証。これからWiMAXを使いたいという方に、本当に勧めても良いサービスなのかを解説していきます。ぜひ参考にしてみてください!

速度制限大幅緩和の全容!

今回の制限緩和のポイントは下記の2点。

3日間で使えるデータ容量の変更

・現行「3日間3GB」
・変更後「3日間10GB」

制限時間の変更

・現行「3GBを超えた日の翌日13時頃~翌々日13時頃」
・変更後「10GBを超えた日の翌日18時頃~翌々日2時頃」

このように、3日間で使えるデータ容量が大幅に増えたことで簡単には制限を受けることがなくなり、単純な計算上では月間約100GBを使えることになりました。また通信制限(速度制限)を受ける時間が大幅に短縮されていることがよく分かる変更内容になっています。

これだけを見ると、ユーザーにとって非常にありがたい緩和のように感じますが、あえて注意点を挙げるとしたら「制限中の通信速度」についてです。

これまで、制限中の実行通信速度についての明記はなく、YouTube標準画質の動画を普通に見れるレベル(またはそれ以上)という曖昧な表記だったのに対し、今回の発表では「制限後の最大受信速度は概ね1Mbps(YouTubeの標準画質が普通に見れる速度)」と明記されました。

発表内容を見る限り、YouTubeの標準画質が見れるレベルの速度は確保されそうなので特に心配をする必要はないのかも知れませんが、これまでネット上の口コミや評判にあった「制限後も4~6Mbpsは出てる」ことを考えると若干気になってしまうところです。

では次に、緩和内容や気になる点からユーザーにどのようなメリットやデメリットがあるのかを調べていきましょう!

速度制限緩和のメリット・デメリットとは?

今回の速度制限緩和の内容は先ほど紹介しましたのでご理解いただけたと思いますが、その緩和でユーザーが受けるメリットやデメリットにどんなものがあるのかを確認していきます。

まずメリットから見てみましょう。

【速度制限緩和のメリット】

3日間で使えるデータ容量が10GBになった!

数字を見ただけでは実際にどんな風になるのか想像しにくいと思いますので、10GBを使う切るのに何ができるのか説明していきます。

10GBあれば・・・標準画質のYouTube動画が47時間見れる!

要するに、仕事休みの週末土日に一睡もせずに動画を見続けることが可能なくらい使えると言うことです!(実際にこんな使い方をする方は居てませんが・・・苦笑)

それくらいデータ容量を気にせずネットを楽しめると言うことです!!

速度制限の時間が短縮された!

WiMAXの、これまでの通信制限(速度制限)は直近3日間で3GBを超えた場合、その翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで、つまり約24時間の間は制限を受けることになり通信速度が通常時より遅くなっていました。※遅くなると言ってもYouTubeの標準画質が普通に見れてましたが(苦笑)

それが今回の緩和で、制限を受ける時間が大幅に短縮されました!

制限時間については、UQWiMAX公式サイトに下記のような表記がされています。

「3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯」
(18時頃~翌2時頃)

少し分かりにくいので簡単に説明すると、「まず制限を受ける合計時間は8時間程になります。そして、制限を受ける時間帯は10GBを超えた翌日の夕方18時から翌日深夜の2時迄ですよ」ということになります。

このように制限の時間帯が夕方から深夜になることで、どんなメリットがあるかというと「制限を受けている場合でも、日中の仕事などで利用するのに支障なく通常の高速通信が使えることなどが大きなメリットとして挙げられます!

分かりやすく表にするとこんな感じです。

【速度制限緩和のデメリット】

制限後の通信速度が明確になった

これまで、WiMAXの制限後の通信速度については概ねYouTubeの標準画質がスムーズに見れる程度の速度は維持するというような曖昧な表現で、しかも実際には通信に影響のない「4Mbps~6Mbps」が出ているという口コミや評判が多かったのが現状です。

しかし、今回の緩和に伴い「制限後の通信速度は1Mbps」と明記されたことにより、これまでより若干厳しさを増した内容の制限がかけられると言うことになります。

ただ、この「1Mbps」の速度もYouTube標準画質が普通に見れるだけのスピードですし、そもそも3日で10GBを使い切ること自体が難しいと思うので大きなデメリットとして捉える必要はないように感じます。

一番ネットを使いたい時間帯に制限がかかる

今回の緩和で大きな変更点の一つに「制限がかかる時間帯」があります。これは先に挙げたメリットにも当たるのですが、逆にデメリットにもある内容なので注意が必要です。

特に、仕事終わりなどの夕方以降にWiMAXを頻繁に使うユーザーは要注意。中でも、夕方や晩に動画などをバンバン見たりするヘビーユーザーは、これまで以上に厳しい速度制限を受けることになるので使用データ容量の確認はこまめにした方が良いと言えます。

以上が、今回の制限緩和で考えられるメリットとデメリットですが、総合的に考えると3日間に使えるデータ容量が増え、制限される時間帯も短縮されているので、一部のヘビーユーザーを除いては多くのユーザーにとっては嬉しい緩和であることは間違いありません。

それは、UQWiMAXから発表されているデータからも分かるように「利用者の多くが3日間で3GBも使っていない」ユーザーが大半なので、制限を受ける確率がより低くなり、より使いやすい環境が整ったと言えるからです。

WiMAXプロバイダ各社の対応は?

今回のUQWiMAXの制限緩和発表を受けて、各プロバイダの動向が気になるところですが、早々に対応しているプロバイダがありましたので紹介しておきます。

◆So-netモバイル

◆GMOとくとくBB

私が確認できたプロバイダは、まだ2社に留まっていますが、今後は他のプロバイダ各社とも順次追従していくと思われます。

ですので、WiMAXを購入する上で月額料金やキャンペーンの違いで、少しでもお得なプロバイダを選択することはこれまで通りです。

まとめ

今回の速度制限緩和は、最近の大手キャリアから発表された大容量プランに押され気味になっていたWiMAXの勢いを取り戻すターニングポイントになるのは間違いありません。

それは、月間に使えるデータ容量がキャリアのプランよりも多い約100GBになることに加え、3日で10GBにすることで制限を受けるユーザーを極力少なくすること、制限される時間帯の短縮が、キャリアに対抗できるだけの環境になったからです。

また、安定的な高速通信で定評があった通信品質の向上や、通信エリアの急速な拡大なども随時行われていることから、今後ますます目が離せなくなりました!

【関連記事】3日間10GBに大幅緩和したWiMAXのレビュー記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加