WiMAXギガ放題とソフトバンク「ギガモンスター」の徹底比較!

ソフトバンクはiPhone7・iPhone7Plusの発売に併せて価格破壊ともいえる大容量のデータ通信プラン「ギガモンスター」を発表しました。テレビCMでも大々的にコマーシャルをしているので、これまで通信制限に悩んでいたユーザーの間で話題になっています。

%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%ae%e3%82%ac%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

このプランの登場は、これからスマホやタブレットで月に5GB以上のデータ容量を使いインターネットを楽しみたいユーザーにとって、WiMAXなどのモバイルWifi以外の選択肢が増えたと言えます。

そこで今回は、新登場の「ギガモンスター」とモバイルWifiの主流WiMAXの、料金面や通信エリア、通信制限などを比較して実際にどちらがお得でおすすめなのか検証してみたいと思います。

ソフトバンク「ギガモンスター」とは?

ギガモンスターは、これまで契約の中心だった5GBプランに数千円プラスするだけで20GBや30GBのデータ容量が使える新しい料金プランです。これまで、ソフトバンクで20GB以上を使うプランであれば、2万円を超える料金が必要だったことを考えると激安なプランになっています。

しかし、実はこのプランにも注意すべき”落とし穴”があるので、テレビCMなどの情報だけを鵜吞みにして早まって契約してしまうことがないようにしなければいけません!

「ギガモンスタープラン」とは?

先程も書きましたが、ギガモンスタープランでは主流の5GBデータ定額プランに数千円プラスするだけで、20GBや30GBといった大容量のデータ容量を使うことができます。

☑ギガモンスターの月額料金

データ定額20GB・・・6,000円/月

データ定額30GB・・・8,000円/月

データ定額5GBプランが月額5,000円だったので、20GBプランでプラス1,000円、30GBプランだとプラス3,000円をするだけで、4~6倍のデータ通信が楽しめるようになりました。

この金額は、ドコモの20GBプラン16,000円/月に比べると10,000円も安くなるので価格的に見ると価格破壊ともいえる超激安なプラン料金になっています。(ドコモも追随すると思いますが・・・)

この金額設定をみると、世界中で人気になってるポケモンGOやスマホゲームにハマっている若年層や、毎日のように動画鑑賞をしたり大量の音楽をダウンロードするヘビーユーザーがターゲットになっているのが分かりますし、実際に格安でサービスを受けることもできます。

ギガモンスターの2つの落とし穴とは?

上記のように、ギガモンスターは料金的に格安になっているのですが、実は注意すべき”落とし穴”が2つあります。安くなったことだけに気を取られて契約してしまうと結果的に損をするようなことになりますので気を付けてください!

<落とし穴1⃣>紹介した料金はデータ通信のみの金額!

上記で紹介した「20GBプラン:月額6,000円・30GBプラン:月額8,000円」の料金は、データ通信のみの金額です。実際に利用するとなれば、スマホ端末代や通話定額料金が別途必要になります。

<落とし穴2⃣>テザリングに料金が発生する!

これまで無料で出来ていたテザリングに別途1,000円/月の料金が必要になります。現在は新プラン発売キャンペーンで2017年4月までは無料になっていますが、それ以降はテザリングをしようと思えば、月額1,000円を支払うことになってしまいます。

つまり、ソフトバンクで購入するスマホは存分にインターネットを楽しめるけども、外出先で急にタブレットやPCでインターネットにつなごうと思うと費用が掛かるという事になります。

要するに、月額6,000円や8,000円だけで大容量のデータ通信を使える訳ではなく、そのサービスを使うためのスマホ端末代が必要であったり、これまで無料で出来ていたテザリングサービスにお金を支払うことになるのです!

以前よりも月額料金は安くなって何となく得した気分のまま、結局はキャリアの戦略にハマって1万円前後の通信費を支払うことになってしまうことがないよう契約前に、WiMAXなどの他サービスと比較検証することが大切です!

「WiMAXギガ放題」と「ギガモンスター」の違い

では次に、持ち運びが楽で外出先でも簡単にインターネットを楽しめる人気のWiMAXと比較してみましょう。

WiMAXとは?

WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供しているモバイルブロードバンドサービスで2016年7月現在で累計契約数が2,000万件を突破している超人気のサービスです。

また、本家本元のUQ WiMAXから回線や端末(ルーター)を借り受けて、サービスを提供しているプロバイダーが20社を超えるなどモバイルWifiサービスとしては国内最強と言えます。

WiMAXの特徴は、最新の通信技術を用いた「安定した高速通信」月間データ通信容量(ギガ放題)が無制限で使えることです。

さらに、プロバイダー各社によるキャッシュバックなどお得なキャンペーンも数多く実施されているので、それらを上手く利用することで月々の通信費を大幅に節約することもも可能になっています。

では早速、WiMAXとソフトバンク「ギガモンスター」の比較をしていきましょう!

料金プランを比較

【WiMAX ギガ放題プラン】

月額料金はプロバイダーにより若干の違いはありますが、おおむね4,000円前後が主流の月額料金になっていますが、ここでは当サイトでおすすめしているWiMAXギガ放題プラン最安値レベルのGMOとくとくBB WiMAX ギガ放題プラン」を挙げてみます。

☑月額料金
・初月無料(端末を受取った月)

・1ヶ月~2ヶ月目:3,609円/月

・3ヶ月~24ヶ月目:4,263円/月

※ギガ放題プランは月間に使えるデータ通信容量は無制限(3日間3GB制限あり)

最大33,000円のキャッシュバックを実施中!!

【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

【ソフトバンク ギガモンスタープラン】

☑月額料金
・データ定額20GBプラン:6,000円/月

・データ定額30GBプラン:8,000円/月

単純に金額だけを見ると、WiMAXの方がギガモンスターより約2,000円~4,000円ほど安いことが分かります。また、ソフトバンク「ギガモンスター」の場合はサービスを利用するのにスマホ端末代や通話定額基本料、Web使用料も必要になってくるので最終的には安くても8,000円/月がかかることになります。

それに対して、WiMAXの方も確かに上記以外にスマホ代などが必要ですが、いま流行りの無料通話が付いた格安スマホを上手く利用すれば月額1,000円程度ですから、WiMAXの料金と合計しても月額5,000円程度に収まるので、ソフトバンクのギガモンスターを使うよりもWiMAXの方がお得という事になります!

通信エリアを比較

このような、通信サービスを利用する場合において重要なポイントは通信速度と答える方もいますが、実はそうではありません。確かに通信速度も大切なポイントで間違いないのですが、最近のサービスで余程のことがない限り速度が遅すぎて使えないなんてことはほとんどありません。

それよりも、使える範囲(通信エリア)であったり、通信制限(速度制限)の方がポイントとしては重要です。

【WiMAX】

以前は、WiMAXの通信エリアって狭いという口コミや評判が数多く見受けられた時期もあったのですが、最近は基地局の大幅に増設されており、実はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べても劣らないほど充実しています。

■WiMAX基地局・・・約20,000基

■WiMAX2+基地局・・・約20,000基

■全国人口カバー率・・・85%

■主要都市カバー率・・・99%

また、主要都市の地下鉄でも”つながるエリア”は急速に拡大中で、今後ますます”つながるエリア”は広がっていくと予想されます!

【ソフトバンク】

やはりキャリアの強み、通信エリアはWiMAXより広いのは間違いありません。主要都市の人口カバー率は100%、全国の人口カバー率を見ても99%を超えていますので、数字的にいうと人が住んでいる地域であればどこでもつながるという事になります。

■主要都市人口カバー率・・・100%

■全国人口カバー率・・・99%以上

このように通信エリアを比較した場合、WiMAXよりもソフトバンクの方がやや優位なのが分かります。しかし、WiMAXも急速にエリアを拡大させていますので数年後には差はなくなると予想されます。

通信制限を比較

【WiMAX】

WiMAXのギガ放題プランは、月間のデータ使用容量は無制限なので制限はありませんが、通信の混雑を避けるために「3日間3GB制限」が設けられています。

3日間3GB 2

「3日間3GB制限」とは、直近の3日間に3GB以上のデータ容量を使うと速度が遅くなるペナルティーのことでWiMAXを使う際の唯一の弱点ともいえます。

しかし、ココからが重要です!

WiMAXの通信制限の口コミや評判を見ると分かるのですが、制限が掛かった場合の通信速度が非常に速い!制限後でも5Mbps~6Mbpsの速度が確保されているので、普通に動画も観れるレベルのスピードが出ています!

これはある意味、ペナルティーとは言えないレベルの通信制限です。

ギガ放題は月間データ通信量は無制限!

「3日間3GB制限」はあるが、制限がかかっても快適にインターネットが楽しめる!

速度制限後も快適に使えるWiMAXはコチラ!

【ソフトバンク】

ソフトバンクの場合の通信制限は、契約以上のデータ容量を超えてしまったら速度制限がかかります。例えば、ギガモンスター20プランなら20GBを超えた時点で速度が遅くなります。

これは、いくらギガモンスタープランと言えどもキッチリと制限をかけてきます。しかも、制限後の速度が128Mbpsまで落ちます!

この「128Mbps」と言うスピードは、ハッキリ言ってインターネットを楽しむことは出来ないほど超低速なスピードです。その低速スピードが月末まで続くんです・・・。

ですから、ギガモンスターだからと言って調子に乗って動画やゲームなどをし過ぎるて、月の早い時期に制限が掛かると、それから月末までずっと超低速でインターネットをすることになります。

ギガモンスターの月間データ通信容量はプランによって決められる

制限は月末まで続き、しかも128Mbpsの超低速

まとめ

ここまで、ソフトバンクの新サービス「ギガモンスター」とWiMAXギガ放題の比較をしてきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあることがお分かりいただけたと思います。

ソフトバンクのギガモンスターは、これまで通信制限に悩んでいたヘビーユーザーにとって、以前に比べて格安でサービスを受けられる嬉しいサービスになっていることは間違いないと思います。

しかし、手放しで喜べるほどのメリットはあまり感じないのが実情ではないかと思います。
なぜなら、これまで無料だったテザリングが有料サービスになったり、結局は必要以上に高い通話定額料金が要るなど最終的にお得感は薄らいでしまうからです。

以上のようなことから、今回の比較で「どっちがお得なの?」と聞かれれば、間違いなくWiMAXの方がおすすめと言うのが結論になります!!

そして、「WiMAXで一番のおすすめプロバイダーはどこ?」と聞かれれば、間違いなくキャッシュバックが33,000円と高額な「GMOとくとくBB WiMAX2」をおすすめします!!

【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加