知らなかったでは済まされない!WiMAXをなくした時の結末?

WiMAXの良い所は何と言ってもカバンやポケットに入れて手軽に持ち運びが出来て、外出先などのネット環境がない場所でもインターネットが出来ると言うことです。

ところが、その手軽さや便利さが仇となる場合があります。

「紛失」「盗難」などWiMAXルーターを失くしてしまうリスクです!

自分は絶対大丈夫なんて考えていてはいけません、ちょっとした油断で置き忘れたり、盗まれてしまうことだってあるのです!

そこで今回は、WiMAXのルーターを失くしてしまった場合の情報をお伝えしたいと思います。購入して楽しむことばかりを考えず、万が一にもそんな目に遭わないように防衛策を考えておく必要があります。

では早速、WiMAXを失くした場合の情報に参りましょう!

★要チェック!こんな記事も書いてます

WiMAXルーターを紛失した時の3つの対処法!

最初にも書きましたが「自分はそんなヘマはしないよ」と思っている方がほとんだと思いますが、この世の中いつ何が起きるか分かりません。それに、そういう人ほど万が一という時に慌ててしまい対処できない人が多いものです。

ですから、そんな場面に遭遇した時に真っ先に何をすれば良いのかを知っておくことが大切になってくるのです!

①紛失したらスグに契約会社(プロバイダ)に連絡する!

ルーターを失くしてしまった場合、最初にすることは「契約会社(プロバイダ)」に連絡することです。各社カスタマーセンターに紛失したことを伝えれば回線の利用停止をしてくれます。そうすることで、第三者の悪用やトラブルに巻き込まれる心配がなくなるからです。

運よくルーターが出てきた場合には、改めて連絡すれば再利用の開始の手続きをしてくれますので、まずはWiMAXを他人に勝手に使われないようにすることが先決です!

悪用されないために契約会社(プロバイダ)への連絡が最優先!

②警察に紛失届を提出する!

嫌がる方もいますが、警察へは出来るだけ早くに紛失届を提出しましょう!

紛失に気づいた場所の近くにある交番でも警察署でもOKです。また、場所がハッキリしない時は自宅や会社の近くにある交番・警察に届け出ても大丈夫です。

とにかく、紛失届けを出して受理番号をもらっておけば見つかった時の受取りがスムーズにいきますし、後ほど紹介する端末補償サービスを利用する場合に必要になるからです!

WiMAXのルーターを失くした時は恥ずかしがらず警察に紛失届を出す!

③思い当たる場所に聞いてみる!

WiMAXのルーターに限らず、物を失くす時というのは「いつ・どこで」なんて覚えていないのが普通ですし、紛失に気が付いた時は焦ってしまうのが普通です。

しかし、そこはグッと落ち着いて慌てず焦らず、紛失に気付いた時までの自分の行動をよく思い出すことです。そうすればWiMAXを使用した場所が分かるので、連絡先を調べて問い合わせをしてみることです。

慌てず焦らず自分の行動をチェックして問い合わせをしてみる!

以上がWiMAXのルーターを失くしてしまった時の3つの対処法になります。当たり前のことばかりでガッカリされた方もいるかも知れませんが、このような場合には”裏技的”な対処法は一つもないことを知っておくのも大切です!

失くしてしまった後の契約はどうなるの?

では次に、紛失したルーターが出てこなかった場合の契約について解説していきます。

ちなみに、運よくルーターが出てきた場合ですが先程も少し書きましたが、再度カスタマーセンターに連絡すれば停止していた回線を復活させてくれるので、これまで通りにWiMAXを利用することができます。

しかし、ルーターが出てこなかった場合は残念ながら「契約解除」をするしか方法がありません。これは、WiMAXを提供しているUQWiMAXを含め、どこのプロバイダも同じです。

Q.
WiMAX製品を紛失してしまった。(もしくは、盗難の被害に遇ってしまった)WiMAXは継続して利用したいがどうすれば良いですか。

A.
紛失してしまった機器の回線は解約していただく必要があります。解約後、改めてご契約をお願いいたします。※ご契約期間が定められている料金プランについては、契約満了月の末日
または更新月以外の解約時には契約解除料が発生します。※改めてご契約いただく場合には登録料をいただきます。

UQWiMAX公式サイトより

つまり、契約から少ししか経っていなくても一旦は契約を解除してくださいと言うことです。そして、その際には契約解除料(違約金)もいただきますと言うことです。さらに、WiMAXを使い続けるなら改めて契約し直す必要があり、その時にも登録料もいただきますと言うことです。

当然、上記の事柄は契約書に記載されているので違法でも何でもないのですが、契約者のほとんどが小さな字が並んだ契約書をしっかり読まないので、失くして初めて驚くなんてことが実際に多いのです!

これからWiMAXを購入する方は、しっかり契約書を読みましょう!!

ただし、下記の通り例外もあります。月額料金が必要なオプションサービスにはなりますが、万が一の時のための保険と思える方には価値のあるサービスだと思います。

UQWiMAXの「端末補償サービス」

UQWiMAXが提供しているオプションサービスで、サービス名の通り端末(ルーター)に何かイレギュラーが発生した時に補償してくれるオプションサービスになります。

気になるオプション料金は月額380円。使わなければ年間に約5,000円弱を余分に支払うだけになりますが利用すれば契約も継続できるので、掛け捨ての生命保険だと思えば納得できる金額かも知れません。

WiMAX機器の補償対象と注意点は下記の通り。

【補償対象】

◆自然故障 ◆部分破損 ◆全損 ◆水濡れ ◆火災による焼失 ◆紛失 ◆盗難

※自然故障とは、取説およびその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態で発生した故障)

※補償対象はWiMAX本体機器のみ(クレードルや充電器、ケーブルなどの周辺機器は含まない)

※傷、汚れ、塗装の剥離など軽微な損害、天災によるトラブル、または故意の破損、製品本体の改造、ソフトウェアの改造、解析、ウィルス起因の不具合は対象外になります。

【補償サービスを利用する際の注意点】

☑申込は、対象のWiMAX機器を新規契約時・機種変更時と同時の場合に限る

☑サービスを解約した場合、再加入はできない

☑申込み後のキャンセルはできない

☑契約者本人からの連絡のみ対応

☑盗難・紛失・火災による焼失の場合、警察または消防署などの公的機関に届け出の上で連絡が必要で、受付時に届け出先の機関名、届け出年月日、受理番号の提出が必須

☑自然故障以外は、オプション料金の他に自己負担金がかかる(紛失・盗難も含む)
(1年に2回まで利用可能、1回目3,300円・2回目5,300円)

以上が、UQWiMAXの端末補償サービスになります。加入するかどうかの判断はみなさん次第ですが、安心感を得られるのは間違いないと思います。

◆UQWiMAX「端末補償サービス」の詳細はコチラ

◆UQWiMAXの詳細はコチラ!

最悪の結末!契約解除料っていくらなの?

「紛失後の契約はどうなるの」でも書きましたが、先ほど紹介した端末補償サービスに入っていない場合は、いったん契約を解除しなくてはいけません。そして、その際に必要になるのが「契約解除料」になります。

WiMAXのルーターを紛失するわ、解除料を払わないといけないわで、本当に最悪の結末ですが契約事なので仕方がありません・・・。では、気になる解除料の金額を紹介しておきます。

今回は当サイトでよく紹介しているプロバイダ5社の契約解除料を表にしてみます。

  1年目 2年目 3年目
UQWiMAX 19,000円 14,000円 9,500円
So-netモバイル
BroadWiMAX
BIGLOBE
GMOとくとくBB 24,800円

GMOとくとくBB以外のプロバイダは1年目での解約、2年目での解約時の金額が同じですが、いずれにしても高額な契約解除料が必要になります。

このクソ高い解除料を見ると「なんて恐ろしい通信サービスなんや」と感じてしまいますが、決してそうではなく自宅でも外出先でも快適にネットが楽しめる優秀な通信サービス・通信機器なんですよ(笑)

要するに、これからWiMAXを買う人も、使ってる人も失くさなければいいだけの話しです。ただ、今回は万が一紛失してしまったら「こんなことになるから注意してね」と言うことをお伝えしたかったんです!

まとめ

私もWiMAXを利用していますので、この記事を書きながら思わずルーターを握りしめてしまいましたが、決してみなさんを脅かそうなんて気持ちはありません(苦笑)

何度も言うように、WiMAXは”いつでも・どこでも”快適にインターネットが楽しめる便利な通信サービス・通信機器です。

これから、一人暮らしを始める学生さんや、仕事先でノートパソコンやタブレットを使うビジネスマンなど、多くに方におすすめできるWiMAXです!

ただし、失くさないように管理することをお忘れなく!!

→紛失時も安心のUQ WiMAXはコチラをクリック

★要チェック!こんな記事も書いてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加