1. TOP
  2. お試し!WiMAXのサービスエリア内かどうかが確実に分かる方法!

お試し!WiMAXのサービスエリア内かどうかが確実に分かる方法!

2016/08/25 WiMAXお試し WiMAXサービスエリア
この記事は約 13 分で読めます。

自宅でも外出先でもインターネットが楽しめるWiMAXを検討している方の中には、WiMAXを使う場所がWiMAXのサービスエリア内(通信エリア内)に入ってるのかどうか不安に感じている方もいると思います。

 

☑エリア検索では”◯”だったけど、本当につながるの?

☑実際に端末(ルーター)を使って試してみないと信用できない・・・

☑WiMAXの通信エリアは狭いという評判が多いけど大丈夫?

 

など、WiMAXの購入を躊躇してしまう通信エリアの不安材料がありますよね。

 

mojimaru1472094126

 

そこで今回は、WiMAXを購入したいけどサービスエリア(通信エリア)が不安という方のために、WiMAXを使う場所がエリア内なのか簡単・確実に知ることができる方法を紹介します。

 

しかも、紹介する方法は完全無料および低金額のローリスク!ぜひお試しください!!

 

GMOの「20日以内キャンセルOK!」でお試し!

現在、WiMAXを提供しているプロバイダーは20社を超えていますが、その中で唯一「20日以内キャンセルOK」を実施しているのが、GMOとくとくBBのWiMAXです。

 

gmo返品

 

GMOとくとくBBのWiMAXに新規契約する方のために設けられた制度で、利用後にどうしても満足できない場合に20日以内であればキャンセルできるようになっています。

 

この制度を利用するには、いくつかの条件がありますが特別難しいものではありませんので、初めてのWiMAXでサービスエリアが心配な方にはありがたい制度になっています。

 

【20日以内キャンセル適用条件】

◆GMOとくとくBBのWiMAXに新契約される方

◆ピンポイントエリア判定が「○」の方

※ピンポイントエリア判定方法は第3章「サービスエリア検索(エリア判定)は簡単!」で紹介していますのでお読みください。

キャンセル適用限定ページからの申込みに限る

◆申込み日を1日として、20日以内にGMOでWiMAX端末の返品を確認できた場合

 

 

【20日以内キャンセルはこんなユーザーのためにある】

☑自宅のエリアは◯だけど、室内での通信速度に不安がある

☑利用エリアに問題はないが、初めてWiMAXを利用するので一度試してから申込みたい

 

【20日以内のキャンセルを適用した場合の注意事項】

利用後に万が一気に入らなくてキャンセルした場合にどうなるの?ですが説明しておきます。

 

解約違約金24,800円(税抜)はGMOが負担

☑事務手数料3,000円・月額料金3,609円(税抜)は自己負担

☑クレードル購入時はクレードル代金も自己負担

☑端末の返送料は自己負担

 

GMOとくとくBBの「20日以内キャンセル」は、純粋なお試し期間という訳ではなく、あくまでも一度本契約した後に、エリア判定が”◯”だったにも拘わらず繋がりにくかったり、何らかの事情で満足な利用ができない時の応急措置的な制度ですから、どうしても事務手数料などの費用が発生してしまうことになります。

 

【キャンセルの手順】

1⃣お客様センターに電話でキャンセルの申込み

「GMOとくとくBB」お客さまセンター 0570-045-109 平日10:00~19:00

事前にお電話がない場合、キャンセルをお受けできない場合がございます

※解約違約金無料のキャンセルはUQ WiMAXのWiMAX2+ピンポイントエリア判定が○の方に限ります。

GMOとくとくBB公式サイトより

上記の通り、まず最初に電話でキャンセルの申込をする必要がありますのでご注意ください。

 

2⃣返品商品(端末)を返送する

返送の際の送料は自己負担になります。

【返送先】〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 センリアンタワー

GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター

 

3⃣事務手数料・月額料金などの支払い

GMOとくとくBBはクレジットカードでの契約となりますので、キャンセル後に期日が来れば自動的にクレジットカード決済が行われますので、特別支払いに手間がかかることはありません。

 

以上が、GMOとくとくBBの「20日以内キャンセル制度」を利用して、WiMAXのサービスエリア(通信エリア)や使い心地が試せる方法となります。

 

キャンセルをした場合、結果的に費用が発生してしまい損をした気分になりますが、もし他社プロバイダーであればキャンセル制度などはなく、ただちに契約解除となり高額な契約解除料(違約金)を支払うことになるので、決して損な契約ではないと思います。

 

また、そもそも契約時にエリア判定で「○」が条件となっていますので、余程のことがない限りキャンセルの必要がなく、ほとんどの方がそのまま継続してGMOとくとくBBのWiMAXを利用されているケースが多いのです!

 

【キャンセル制度意外にもメリットが多いGMOとくとくBB】

GMO30000キャッシュバック

 

最初にお伝えした通り「20日以内キャンセル制度」は、GMOとくとくBBが業界で唯一行っているプロバイダーとなりますが、それ以外にも他社プロバイダーに比べお得なメリットがありますので紹介しておきます。

 

☑業界トップレベルの高額キャッシュバックを実施

2016年8月現在ですが、業界最高額の最大30,000円キャッシュバックを実施中です!受取りは契約から約1年後になりますが、キャッシュバックを全て月額料金に充てるとデータ通信容量無制限のギガ放題でも月々3,000円程度で使える計算になるので超お得なキャンペーンになっています。

 

☑利用期間中、GMOポイントが毎月100ptもらえる

GMOとくとくBBの支払いにも使えるGMOポイントが毎月100ptもらえるので実質値引きの効果もあり。さらにBBウォレットに1pt=1円でチャージすることが可能なので、約2万店の提携ECサイトでの買い物にも使えます。

 

いまのところ、キャッシュバックなどのキャンペーンがあり、キャンセル制度を実施しているのはGMOとくとくBBのWiMAXだけですから、この制度をうまく利用しない手はありません!

 

また、利用後にキチンとサービスエリア内であることが確認できて継続利用すれば、先ほど紹介したキャッシュバックや、端末到着月の利用料金が無料になるなどのお得なキャンペーンも受けられますので、ぜひ利用することをおすすめします!

 

最後に、キャンセルが適用されたり、キャッシュバックや端末到着月の利用料金が無料キャンペーンを受けるには、限定ページからの申込みが必須になるのでお間違いなく!!

 

限定ページはコチラ ⇒ GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイト

 

本家UQWiMAXのTryWiMAXなら完全無料でお試し!

WiMAXの本家本元、UQWiMAXから提供されているお試しサービスが「Try WiMAXレンタル」です。

 

UQWiMAXTryレンタル1

UQWiMAXTryレンタル

 

ご覧になって分かるように、15日間無料でWiMAXが使えるサービスで、その間にサービスエリア(通信エリア)の確認や、使い心地を確認できるようになっています。

 

先程、紹介したGMOとくとくBBの「20日以内キャンセル制度」と大きく違うのは、お試しは完全無料で行えること、条件がエリア判定「△」でもOKということでしょう。

 

特に、ピンポイントエリア判定で「△」になってしまったユーザーにはおすすめで、意外に△でも実際に使ってみると快適に使えたというケースもあるみたいです(サポートセンターの方から教えてもらました)

 

【Try WiMAXレンタルのメリット】

完全無料!!

登録料、通信量、レンタル料、配送費用など、費用は一切かかりません!

 

☑特別なレンタル条件がない!

エリア判定で「△」の方でもレンタルの申込は可能!
逆に△のユーザーに試して欲しいサービスです!

 

☑レンタル機器も選べる!

W01・WX01・W02・WX02の中からレンタルする機器が選べます。

 

【Try WiMAXレンタルのデメリット】

☑お試し期間が実質15日ではない・・・。

レンタル(貸出)期間の算出の仕方ですが、UQから貸出機器が発送された日から返却した機器がUQに届く日までとなっているので、実質的に手元で使える日数は短くなります。

 

UQWiMAX公式サイトでは、地域・交通状況等により端末の到着に2~3日要する場合があると記載されているので、端末の往復の配送日数を考えると実際にWiMAXを試せるのは9~11日間という事になるので注意しておきましょう。

 

【申込み条件】

◆日本国内に在住の20歳以上の方

◆申込者本人名義のクレジットカードを登録できる方

◆過去90日間以内に本サービスの利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方

 

【申込みの流れ】

UQWiMAXの「Try WiMAXレンタル」申込みは簡単です。以下の流れに沿って行えばスグに手続きは完了します。

レンタル1

renntaru 2

renntaru3

renntaru4renntaru5renntaru6renntaru7renntaru8

 

UQ TryWiMAXレンタルの申込はコチラ

 

【Try WiMAXレンタルの注意事項】

☑出荷時に返却期限をメールで案内されるので要確認!

☑申込時にクレジットカードの有効性確認が実施され、有効性が確認できなかった場合は申込めない。

☑申し込み手続き完了後、登録したクレジットカードのショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当分を確保される。

☑返却期限内に貸出機器を返却しない場合、または貸出機器を破損・紛失した場合は、違約金を登録したクレジットカードで支払わなければならない。

☑VISAデビットカード・JCBデビットカードの場合、ホームページからの申込ができない。

 

エリアが「○」でWiMAXを継続して利用する場合の注意点

Try WiMAXレンタルで、WiMAXを使う場所がサービスエリア内であることが確認でき、本契約をする場合、UQWiMAXで契約してはいけません!!

 

理由は、本家UQWiMAXは他社プロバイダーと比べ、月額料金が割高なことに加えて、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施していないからです。

 

ですので、TryレンタルでWiMAXが使えることが分かれば、いったんレンタル契約を解除して、月額料金が安いプロバイダーやキャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施しているプロバイダーで契約しましょう!

 

プロバイダー選びは下記の記事を参考にしてください!

プロバイダー選び関連記事

 

サービスエリア検索(エリア判定)は簡単!

上記で紹介した「お試し方法」を利用する場合、どちらにしても最初にWiMAXのサービスエリア(通信エリア)の確認が必要です。確認方法はいたって簡単!

 

下記の図をクリックしていただければ、UQWiMAX公式サイトのサービスエリア確認ページに移動できますので、ご自分の自宅やWiMAXをよく使う場所(外出先)で検索・確認をしてみましょう!

エリア確認

 

おすすめの検索方法は「ピンポイントエリア判定」です。自宅住所や会社住所の番地や号まで入力して検索する方法です。一度、試しにご自分の自宅住所を入力して確認してください!

 

【通信モード】WiMAXには3つの通信モードがある

WiMAXには、3つの「通信モード」があります。

1⃣ハイスピードモード(標準モード)

2⃣ノーリミットモード

3⃣ハイスピードプラスエリアモード

 

WiMAXが初めて方には「何なの?それ?」「何が、どう違うの?」と感じると思いますが、簡単に言うと「ネットにつなぐ際に使う電波の違い」です。ですから当然、通信エリアや通信速度、通信制限などに違いがありますし、WiMAXの端末(ルーター)を選ぶ際にも重要なポイントになるので押さえておきましょう!

 

では、それぞれの通信モードを紹介していきます。

 

WiMAX通信モード

 

1⃣ハイスピードモード(標準モード)

現在、WiMAXでインターネットをする際に主流となる通信モード(電波)です。「WiMAX2+通信モード」といわれるもので、下り最大220Mbpsの超高速通信が可能な通信モードになります。ただし、サービスエリア(通信エリア)の範囲がドコモ回線やau回線などに比べ、やや狭く、また建物内で繋がりにくい性質があります。

【メリット】

・下り最大220Mbpsの高速通信

・今後、WiMAXの主流通信モードになる

・サービスエリア(通信エリア)は急速拡大中

【デメリット】

・いま現在、地方部(田舎)などのエリアに弱い

・電波の特性上(直進性が強い電波)、建物内でやや繋がりにくい

 

2⃣ノーリミットモード

WiMAXを速度制限なしで利用できる通信モードです。WiMAXのサービスが開始された当初に使われていた通信モードで、当時は「データ通信容量無制限・速度制限なし」の触れ込みで大いに話題を集めましたが、現在では「下り13.3Mbps」の速度設定がされていますし、2018年にはサービスが停止される予定になっています。

【メリット】

・速度制限を気にせずネットが楽しめる

【デメリット】

・通常時から通信速度が遅い(13.3Mbps)

・2018年にはサービス停止予定

 

3⃣ハイスピードプラスエリアモード

この通信モードは、下り最大75Mbpsの高速通信が可能で、通信エリアも人口カバー率99%を誇るauの4G LTEを利用する通信モードになります。もし、外出先でWiMAX2+通信モードでインターネットに繋がらない場合などは、このハイスピードプラスエリアモードに切り替えると全国の広い範囲で高速通信が可能になります。

ただし、良いことばかりではなくデメリットもあります。このハイスピードプラスエリアモードを使った場合に、使った月のみ基本料金以外にオプション料金(1,005円税抜)がかかるということです。

【メリット】

・サービスエリア(通信エリア)が超ワイド

・WiMAX2+ほどではないが下り最大75Mbpsの高速通信

【デメリット】

・オプション料金1,005円がかかってしまう(使った月のみ)

・月間のデータ通信容量が7GBまでの制限がある

 

 

******************************************

以上が、WiMAXに存在する3つの通信モードになります。それぞれにメリット・デメリットがありますので選ぶ際には注意が必要ですが、実はこれらの通信モードはユーザー側で自由に組み合わせてWiMAXを購入することができません。

 

WiMAXを購入する際に選ぶ端末(ルーター)によって、使える通信モードが決められているからです。例えば、いま人気の最新ルーター「W03」ですと使える通信モードは「ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード」のように設定されているのです。

 

このあと「WiMAXルーターの選び方」でも選択ポイントを紹介をしますが、これからWiMAXの購入を考えているなら迷わず「ハイスピードモード+ハイスピードプラスエリアモード」の通信モードを選んでください。

 

理由は、速度制限がないとはいえ「ノーリミットモード」は数年後には使えなくなります。それよりも、急速にエリアが拡大中で今後WiMAXの主流通信モードになる「ハイスピードモード」と、人口カバー率99%の通信エリアと高速通信が可能な「ハイスピードプラスエリアモード」の組み合わせが断然おすすめだからです!!

 

WiMAXルーターの選び方

WiMAXには現在、主要3種類の端末(ルーター)が提供されています。

1⃣W02

list_w02W02詳細

 

2⃣WX02

list_wx02WX02詳細

 

3⃣W03

list_w03W03詳細

 

現在(2016年8月)、WiMAXの主要端末(ルーター)は上記の3種類ですが、この中で最もおすすめしたいのが2016年7月に発売された「W03」です!

 

前述の「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」に対応しており、最新技術を駆使した下り最大370Mbpsの高速通信を実現!サービスエリア(通信エリア)も、WiMAX2+エリアに加え、au 4G LTEエリアにも対応しているので全国どこでも使える万能機種です!

 

WiMAXの端末(ルーター)は「W03」で決まりです!!

 

ただ、残念なお知らせが一つあります・・・。

 

実は最初に紹介したUQWiMAXの「Try WiMAXレンタル」には、このW03が提供されていないのです(泣)。ですから、もしTry WiMAXレンタルを利用するなら同程度の性能を持った「W02」をレンタルしてエリア確認や使い心地を試すしかないのです・・・。

 

残念ですが、Try WiMAXレンタルではW03を試すことはできませんが、まずはW02を無料で体感して、継続してWiMAXを使う際にW03を選べばレンタルで体感した以上の快適通信をゲットできると、ポジティブに考えましょう!

 

まとめ

ここまで、WiMAXを検討中の方が持つであろうサービスエリア(通信エリア)の不安を、実際に端末(ルーター)を使って確認する方法を紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

 

最後に、WiMAX2+のサービスエリア(通信エリア)は現在急速に拡大を続けています。私もWiMAXを利用していますが、購入当初に比べ遥かにつながるエリア(場所)は増えています。

 

 

WiMAXは、手軽に持ち運びができ、いつでもどこでも好きな時にインターネットが楽しめる便利なアイテムです。不安ばかりが先に立ち、購入できないでいる方は是非とも紹介したお試し方法でWiMAXを体感してみましょう!

 

   

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Mobile informationの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mobile informationの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

モバイルインフォメーション

この人が書いた記事

  • mineoのソフトバンクプラン開始!「333円キャンペーン」ってお得なの?

  • ワイモバイルの新スマホプラン!お値段そのままギガ増量はお得なの?

  • ドコモからワイモバイルに乗り換えがお得な6つのポイントとは?

  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは料金改定してお得になったのか?

関連記事

  • 田舎でWiMAXは使えないと思ってる方必見!LTEオプション無料を徹底検証!

  • 知らんかった!WiMAXって大阪の地下鉄でつながるで~!

  • 必見!WiMAXがエリア外で使えない方におすすめなポケットWifiとは?

  • 要注意!WiMAXハイスピードプラスエリアの使い方とデメリット!