WX03をガチレビュー!WiMAX最速ルーターの本当の実力とは?

外出先でもインターネットが楽しめるWiMAXの最速機種「WX03」ですが、購入するのに色々と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

「最速って言うけど本当に速いの?」

「通信エリアはどうなってるの?」

「使い心地はどうなの?」

など、使ってみないと本当の所が分からないことが意外に多いので、やはり不安に感じてしまうのは当たり前だと思います。

そこで今回は、WX03を検討中の方に参考にしていただこうと実際に購入して使ってみて、通信速度や使い心地などをガチでレビューしてみました!

良い所・悪いところ、メリット・デメリットを包み隠さず書いてみたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

WX03の気になる通信速度と通信制限

WX03を使うにあたって一番気になるのは「通信速度」ではないでしょうか。メーカー発表ではWiMAX最速の440Mbpsが出るとされていますが、本当にそんなスピードが出るのか?と言うことです。

WX03の速度テスト

そこで、私が購入した実機を使いスピードテストを実施してみました。結果は下記の画像を見てください。

◆1回目(2017年5月18日午後4時53分)

上記の実測テストは、2017年5月18日午後4時53分に大阪府堺市にある事務所でノートパソコンを使い実施したものです。

テスト結果は「下り54.91Mbps/上り3.84Mbps」となっています。

これを見て「最速440Mbpsってウソやん?!」と感じる方もいると思いますが、下り最大440Mbpsはあくまでも整った環境で行ったテストですので、実際に使う場合と違っても仕方ないのです。

それよりも、今回実測した「54.91Mbps」という速度は日常でWiMAXを使うのに何の問題もないレベルだと言うことに注目してください。

この速度なら高画質の動画もスムーズに見ることが出来るくらいの高速通信ですし、フレッツ光などの固定回線に匹敵する速度になります。

◆2回目(2017年5月18日午後7時24分)

2回目の実測の結果は「下り28.91Mbps/上り6.19Mbps」

1回目より速度が落ちてしまいましたが、原因はやはりこの時間帯は接続するユーザーが増えることによるものだと思います。

これは、WiMAXに限らず格安スマホ(MVNO)や他のモバイル通信サービスにも見受けられるもので、ある意味仕方のない事です。

しかしながら、下り28.91Mbpsは非常に健闘している数字で、これくらいの速度が出ていれば何の問題もなくネットを楽しめます。

WX03の通信制限

WiMAXにはWX03に限らず、どの端末にも通信制限(速度制限)があります。

「3日間制限」と「月間制限」です。

WX03もモレなく3日間制限があり、直近3日間で10GBを超えるデータ通信を行うと速度が落ちる制限がかかります。

また、契約するプランが7GBプランの場合は月の途中であっても7GBを超えてしまうと通信制限を受け低速化してしまいます。これが月間制限です。

ただ、ギガ放題プランなら月間のデータ容量に制限がないので、3日間制限を上手くクリアして限度一杯使えば、月に約100GBを使えることになります。

さて、3日間で10GBを超えてしまった時や月間7GBを超えた時の制限時のスピードですが、UQWiMAXの公式サイトでは「受信最大1Mbps」となっています。ネット上の口コミなどを見てもその程度のスピードは確保されているようなので、高画質じゃない動画なら普通に見れるレベルになっています。

ただ残念ながら、私は3日間に10GB以上を使うことは殆どなく、今まで通信制限を受けたことがないので絶対的な情報ではないのでご了承ください。

次に、通信制限を受けないためにWX03の便利な使える機能を紹介しておきます。

【通信量カウンターの活用】

WX03にはホーム画面でデータ通信量(目安)を確認する機能が搭載されています。設定で「月間または3日間」のデータ通信量が確認できるようになっていますので、上手く活用すれば通信制限を受けるリスクは大幅に軽減されます。

◆設定方法

通信カウンターを設定しておけば、目視で確認が出来ますので使い過ぎることはなくなり、通信制限を受けなくて済みますので活用しましょう。

WX03の対応エリア

次に、WiMAX最速「WX03」の気になる通信エリアについて調べてみましょう。WiMAXは、これまでWiMAX2+エリアとau4GLTEエリアの2つの回線を使う仕組みになっていました。

※WiMAX2+は、WiMAX独自の回線(電波)で非常に直進性が強く高速通信ができるのが特徴でした。しかし、障害物に若干弱く室内や地下では繋がりにくい弱点を持っています。

※au4GLTE回線は、大手キャリアauが提供する人口カバー率99%以上の回線(電波)なので、基本的に人が住んでいる地域なら繋がるというワイドエリアな回線です。

しかし、WiMAX2+の通信網が強化されたことで、WX03ではau4GLTE回線は使用せずWiMAX2+回線のみが使えるようになっています。

このように書くと、繋がるエリアが限定的になる不安が生じるのですが下記の対応エリア画像の通り、東京や大阪などの大都市以外にも地方都市でエリアが拡大しているのが分かると思います。

WX03(WiMAX2+回線)の各地のエリアマップ

◆近畿エリア

◆関東エリア

◆東海エリア

◆北九州エリア

◆南九州エリア

◆東北エリア(仙台周辺)

◆北海道エリア(札幌周辺)

少し見にくいですが、全国各都市の対応エリア画像を掲載してみましたが、関東・近畿・東海地方では440Mbps対応エリアが拡大しているのが分かります。しかし、九州地方ではまだまだ440Mbpsに対応しているエリアが狭く下り速度が220Mbpsもしくは110Mbpsでの通信になります。

※濃い紫色:440Mbps対応エリア 薄い紫色:440Mbps未対応エリア

これが、WX03の通信エリアになる訳ですが、ユーザー数の増加に伴い回線強化が急速に進んでいますので、近いうちにもっと拡大していく可能性は高いと思います。

ただ、やはり人口カバー率99%以上のau4GLTE回線に比べると、まだ完全に全国で使えるレベルではないのかなというのが正直なところです。

つまり、WX03を検討中の方が、地方も含めた都市部にお住まいなら問題なく選択することは可能ですが、急速なエリア拡張がされているとはいえ沿岸部や山間部にお住いの方は他のWifiを選ぶのが賢い選択になるのではと感じます。

どちらにしても、購入前にエリア判定をすることが大切です。

ピンポイント判定も可能なWiMAX2+エリア判定はコチラから

WiMAX2+エリアの拡張情報はコチラ

WX03の実際の使い心地

☑速度とエリア

私がWX03を使っているのは、大阪の堺市にある事務所(室内)がメインになりますが、前述の通り、通信速度もストレスのないスピードで使えていますし、対応エリア内に入っていますので通信が途切れたりすることは全くありません。

☑使う時間

使用する時間帯は、8時から18時ころの10時間と自宅に帰ってからの2~3時間程度になります。その間は電源を入れっぱなし(繋ぎっぱなし)になるのですが、バッテリーの持ちも良くコレくらいの時間なら充電なしで使うことができます。

☑使い心地

これまで、WiMAXはWX01を使っていましたが、ディスプレイの大きさが格段に大きくなっているので非常に使い易くなりました。

WX03を契約すべきプロバイダはどこ?

ここまでは、WX03の通信速度や通信エリア、実際に使ってみた感想などをお伝えしましたが、ここではWiMAXの最速ルーターをどこで買えばいいのかを考えたいと思います。

現在、WX03を提供しているプロバイダは20社を超えています。その中から、選ぶ訳ですがしっかりと考えて選ばないと後で「しまった~」なんてことになってしまいます。

そこで、ここでは3つのポイントを挙げ、お得にWX03を購入できるプロバイダを紹介したいと思います。

ポイント1.利用料金の安さ

WX03の利用料金(月額料金)は、どこのプロバイダを選んでも大体4,000円前後で違いがあっても数十円~数百円ですが。しかし、プロバイダ独自のキャンペーンに大きな違いがあり、特に高額なキャッシュバックを実施しているプロバイダとでは2年間の支払合計が大きく差がでるのです。

そこで、ポイント1の「利用料金の安さ」で選ぶプロバイダを挙げると下記になります。

GMOとくとくBB 」

GMOとくとくBBは、とにかく高額なキャッシュバックが有名なプロバイダでWiMAXプロバイダ人気ランキングでは常に上位に挙げられるプロバイダです。

現在もWX03を購入すると、「29,500円キャッシュバックもしくは26,000円キャッシュバック+クレードル無料」という高額なキャッシュバックを実施していますので、利用料金が大幅に節約できます。

ポイント2.充実したサポート

WiMAXなどの通信系サービスは「サポートが弱い」が弱いということがよく挙げられます。その中で、多くのWiMAXユーザーから「サポートが充実している」と評価を受けているプロバイダがあります。

ポイント2の「充実したサポート」に当てはまるプロバイダです。

「So-netモバイル」

So-netモバイルは、インターネットサービス業界では老舗と呼ばれるプロバイダで、数多くのネット系サービスを提供しながらサポート面の充実も強化しているプロバイダになります。

So-netモバイルは、実際に私も利用しているので分かるのですが、購入前から直後、利用後も電話サポートがあるのでイレギュラーが発生した場合でも、安心して使うことができています。

また、料金面でもGMOとくとくBBには及ばないものの、業界最安値レベルの利用料金になっていますし、キャッシュバックも実施していますのでWiMAXを始めて使う初心者の方に最適だと思います。

ポイント3.支払方法が選べる

WiMAXの契約はほとんどがクレジットカードでの支払いになっています。ですから、事情でクレジットカードが持てない方や、クレジットカードを使いたくない方は契約するのが難しいと言われてきました。

しかし、最近はクレカ決済以外の方法「口座振替」で契約ができるプロバイダが登場し、クレカを使えない方・使いたくない方でもWiMAXに申込める環境が整い始めています。

そしてココで紹介するのは、実際に私が口座振替で契約をしたプロバイダになります。

「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBEも、この業界では老舗と呼ばれるプロバイダで、数多くのインターネットサービスを提供し、数多くのユーザーを有する大手プロバイダです。

利用料金はGMOやSo-netに比べ、若干割高になりますが、クレジットカードが無くても契約が出来るメリットは大きいと思います。また、口座振替での申し込みも簡単ですし、使えるまでの日数も、それ程長くないので、何度も書きますがクレジットカードが持てない方や、使いたくない方には最適ではないかと思います。

➤BIGLOBE WiMAXの口座振替申込み方法はコチラ

まとめ

今回は、WiMAX最速ルーター「WX03」を実際に使ったみて感じたこと、WX03を買う際の3つのポイントを書いてみましたが、少しはお役に立ちましたでしょうか。最後に、WX03のまとめをしておきます。

【WX03を実際に使ってみて感じたまとめ】

☑通信速度・・・440Mbpsは出ないけど日常使いには何の問題もない速度を実感

☑通信エリア・・・事務所(堺市)や出張先(和歌山など)、市営地下鉄では問題なく繋がる

☑端末の使い心地・・・大きなディスプレイで使い易い

☑機能・・・データ通信量カウンターなど充実した機能を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加